独り言


とりとめのないつぶやき
by pooch_ai
以前の記事
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
more...

カバの汗は赤い?!


c0019055_0451197.jpg

 10月に入ったというのに、真夏の暑さ。
そんな中、昨日、デジカメ片手に、動物園へ行って来た。



朝刊で、都民の日が無料開放日であることを知り、「カバの汗が赤い」ことを、
この目で確かめ、カメラに収めたくて。


去年の夏、たまたま見ていたTVのクイズ番組で、「カバの汗が赤い」事を知り、
へーと、思っていた。
c0019055_3221039.jpg

その直後に、今度は、新聞で、「カバの赤い汗には、日焼け止めと、抗菌作用がある」ことをつきとめたという、京都薬科大の橋本貴美子助教授の記事を読み、すっかりうれしくなってしまった。



カバの汗に含まれる赤とオレンジの色素が、紫外線や細菌から肌を守っているのだが、英科学誌ネイチャーに発表したら、製薬会社からも問い合わせがきたとか。
c0019055_1322816.jpg


だが、「このままでの実用化は難しく、できたとしても赤い日焼け止めになるから、絶対売れないでしょうね」とは、ご本人の弁。


私は、元来、どこか変わったところのある人に、強く惹かれる性質で、この記事を読んで以来、彼女のファンになってしまった。同時に、どうしても「カバ公の赤い汗が見たい」という思いにとりつかれ、動物園にも出かけたのだが、去年の夏も、猛暑で、カバは水にもぐったままで、顔を見る事もできなかった。


その無念さをはらすべく、行ってはみたものの、予想通り、休日の無料開放日とあって、園内は、子供連れで大混雑。人気者のパンダは、休息中とかで、拝謁は叶わず、どの檻の前も、黒山の人だかり。
で、他の動物たちは、ざっと見ながら、カバの檻へと向かったのだった。

c0019055_2115921.jpg


c0019055_2144778.jpg


思いが通じたようで、カバ公ともご対面。なんとかカメラにキャッチすることもできたが、汗が、本当に赤いのかどうかは、確かめようがなかった。遠目には、カバの肌は、赤茶色に見えたし、汗ばむほどの陽気ではあったが、肌が濡れているのは、汗なのか、水にもぐっていたからなのかもかもわからなかったから。
c0019055_13195454.jpg





「秋の日は釣瓶落とし」というが、着いたのが、午後を大分まわっていたから、五重塔へ辿り着いた頃には、早や夕暮れの感じでもあり、何よりも人ごみに辟易していたので、早々と別れを告げることにしたが、チョッピリ、ワクワク気分も味わえた、結構楽しいサタデー・アフタヌーンでもあった。「カバの汗から作られた、日焼け止めクリーム」なんて、想像しただけで、吹き出したくなるから。


c0019055_2532387.jpg

[PR]
by pooch_ai | 2005-10-03 00:20
<< 偶然の産物 シナリオ・ショート・ショート >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧