独り言


とりとめのないつぶやき
by pooch_ai
以前の記事
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
more...

<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

心がふるえる神秘的な美しさ


c0019055_2153012.jpg 薄暗いトンネルを抜け、観瀑台に、一歩足を踏み出した瞬間、群集の頭越しに、完全凍結した滝が、姿を現した。
神秘的とも言えるその美しさに、思わず、感嘆のため息が漏れ、私は、夢中で、シャッターを押し続けたのだった。


 袋田の滝の氷結は、前々から、一度見てみたい、と思っていたものの一つであったが、なかなか、そのチャンスに恵まれなかった。

c0019055_21565943.jpg


 氷瀑を見るのは、タイミングが難しく、「全面凍結」と、TVなどで報じられていても、翌日には、もう、一部が溶け出してしまったりで、行きそびれてしまっていた。

 それが、この冬の、例年にない厳しい寒さで、12月に始まった凍結が、そのままとのこと。PCクラブの有志で、デジカメの撮影に出かけることになった。


c0019055_2213915.jpg 参加することにはしたものの、東京でも、最高気温が5~6度の日が続いていたため、寒さに弱い私は、果たして、撮影などできるであろうか、と、期待と不安がない交ぜになった複雑な心境であった。


 滝の水が凍るぐらいだから、周辺の気温はマイナス7度ぐらいと低く、階段や道路も凍結しており、滑って、足を骨折した人もいる、と聞くにおよび、出発間際まで、内心、ビクビクしていた。


c0019055_2284234.jpg だが、当日は、風もない晴天に恵まれ、3連休の最終日にもかかわらず、渋滞もなく、車は、すいすい快調に進み、車内で仲間たちと、賑やかに歓談している間に、目的地に到着。気分は、すっかり晴々としていた。


すでに、車の中から、滝を目指して歩く人々の姿が見かけられたから、はやる気持ちを押さえつつ、私たちも、混雑する人の群れに混じって、展望台へと向かったのであった。


生まれて始めて、目にした氷瀑は、青みを帯びた白さで、水が凍ったというよりも、雪が降り積もったような感じであった。
想像を絶する素晴らしさに、圧倒され、改めて、「自然は、偉大なアーティストである」と、思ったものであった。

c0019055_22435048.jpg幅73m、高さ120m、四段に落下するところから、別名四度の滝とも呼ばれているとのことだが、途中、渦巻く波のような大きな塊もあり、アイスクライミングをする人たちの姿が、小さな黒い点のように見える光景は、雄大にして、壮観でもあった。
c0019055_22444615.jpg


夜間には、ライトアップもされているとのこと。闇の中に浮かび上がる、氷結した滝の幻想的な美しさを、思い描くだけで、心がふるえるようであった。

いつか、機会があったら、是非、見てみたいものと、心を残しながら、吊橋を渡って、帰路に着いたが、途中の川面も一面、氷に覆われていた。

 氷瀑の感動的なシーンを、反すうしつつ、立ち寄り湯の、温泉に、ゆっくり漬かっていると、冷えきった体も温まってきて、まさに、至福のときという感じがした。
c0019055_2344246.jpg


昼食後は、那珂湊の「お魚センター」へ、回ることになったが、途中、真っ青な海も、たっぷり眺めることができた。
お土産に、好物の「たらば蟹」を買い込んだうえ、極上の回転寿司まで、口にして、言うことナシの、ラッキーで、ハッピーな一日であった。

帰りの車中で、徐々に暮れてゆく空の美しさに、心惹かれ、フロントガラス越しに、カメラに収めてみたのだが・・・。
本日の撮影は、これにて、ジ・エンド。
c0019055_2353320.jpg

 
[PR]
by pooch_ai | 2006-01-10 21:54

街中ウオッチング・<下を向いて歩こう>

c0019055_15354078.jpg
エコーの検査で、虎の門病院へ行った日、午後の内科の検診まで、空き時間があったので、近くの金毘羅さまへ行ってみた。



 そこに、金毘羅さまがあることは、かなり前から知ってはいた。

 入院中に、仲良くなった若いメル友と、外来でバッタリ会い、病院へ来たら、必ず寄るという、彼女に連れられて、一度、お参りしたことがあったから。


c0019055_1539215.jpgそのときは、「金毘羅さまといえば、讃岐を連想するけれど、こんな所にもあるんだ」とは、思ったが、平屋建ての普通の神社で、特に変わったところはなかった。



 その後しばらくしてから、その辺り一帯が、かなり長い間、工事中のシートで覆われていたのだが、あるとき、シートが取り除かれて、巨大なビルが出現していたのには、ビックリ。

 

c0019055_14561698.jpgそのビルの中に、金毘羅宮も、取り込まれているらしいとは、雑誌の記事か何かで読んで、「へえ~」とは、思ったものの、殊勝な彼女とは違い、信仰心のない私は、足を向けてみることもなかった。



 いつも病院へ行くときは、予約時間ギリギリで、急いでいたし、帰りは、延々待たされて、やっと診療が終わった後も、次回の予約受付、薬剤部での処方箋の受け取り、会計と、いずれも待ち時間が長く、調剤薬局で、お薬を受け取る頃は、グッタリ疲れ果て、寄り道をする気力などなかったから。


c0019055_14583699.jpg件の金毘羅さまは、「琴平ビル」という、高層ビルの1階に、収まっていたが、ピカピカ光る金属製の太い柱の間から、本殿や参詣人の姿が見えるのは、奇妙な光景であった。




 鳥居をくぐると、お賽銭をあげて、神妙に手を合わせる人も、見受けられたものの、通り抜けをする人や、ベンチに腰掛けて、タバコをくゆらしたり、缶コーヒーを飲みながら、くつろいでいるサラリーマンの姿が多く、都心のビジネス街にありながら、そこだけ時間が止まったような、のんびりした空間が広がっていた。


 写真を数枚撮った後、私も、仲間入りして、しばらくベンチに座っていたが、病院での不安感やイライラが、解消され、心が和む感じがしたのは、神様のご利益?かも。

c0019055_1475021.jpgc0019055_149283.jpg








 金毘羅さまへ行ってみる気になったこともだが、外出時に、デジカメを持ち歩くようになってから、行動半径や、目の行きどころが違ってきたようだ。



c0019055_1415094.jpg それまでは、仕事人間だった頃のクセが抜けず、脇目もふらずに、目的地へ一目散という感じだった。それが、時間に余裕があるときは、周囲を見回したり、横道にそれてみたり、回り道をするようになった。



 すると、思わぬ発見があり、写真を撮るのが、どんどん面白くなってきた。
 神宮外苑の銀杏並木へ行ったときは、面白い車を見かけて、「これが噂のベロ・タクシー?」と、思わずパチリ。


c0019055_1420055.jpg ベロ・タクシーと言っても、別に、運転手が舌を出している訳ではなく、「ベロ」は、ラテン語で自転車の意味。ベトナムだかに、自転車の後ろにつけた、無蓋の乗り物に、人を乗せて走っているのがあるが、こちらは、外見は小型車そっくり。で、運転席が自転車になっていて、人が漕ぐ、地球に優しい無公害車だそうだ。



c0019055_14263344.jpgまた、「風の散歩道」では、ガムのパッケージの形をした、ガムの自動販売機を見かけて、カメラに収めたが、最近、最も心がけているのが、「下を向いて歩こう」である。

 海辺の「砂紋」や、「風の散歩道」の靴跡のタイルをはじめ、地面には、色々面白いものがあることに気がついたから。



c0019055_14415456.jpg 手賀沼公園の沼沿いの道を歩いていたときは、自転車や人が行き交う歩道に、ツタが這っているのが、目にとまったが、土手下から、這い上がってきたのかと思うと、健気な感じがして、愛しかった。


 「太陽は日々に新たなり」と言うが、明日はどんな出会いがあるだろうと思うと、毎日が楽しくなってくるというもの。

 さあ、明日も、脇道、寄り道、回り道。そして、「下を向いて歩こう」!
c0019055_14451244.jpg

 2006年が、皆にとって、輝かしい年でありますように。
c0019055_13242561.gif

[PR]
by pooch_ai | 2006-01-01 13:59


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧