独り言


とりとめのないつぶやき
by pooch_ai
以前の記事
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
more...

<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 小平グリーンロード第2弾



 c0019055_1533788.jpg

~あ~し湯だよ、ハ、ハ~ン!~









 ポカポカ陽気の小春日和に誘われて、あのオープンガーデンのある小平へ、お散歩に出かけてみた。


c0019055_1442492.jpg 
 花の少ない季節なので、今回は外から眺めるだけのベランダガーデンへお邪魔したところ、盆栽の懸崖のように、垂れ下がった、中央を飾る鮮やかな黄色の菊が、目に飛び込んで来た。








 マンション2階の角部屋の、鍵の手になったベランダに、1年を通して、さまざまなお花を植えられ、ご自身がガーデニングを趣味としつつ、通行人の目も楽しませてくれているわけで、住む方の花を愛し、人を愛する、優しい気持ちが伝わってくるようであった。


c0019055_14465590.jpg



c0019055_15104697.jpg










 最初の予定では、この後、グリーンロードを歩いて、途中にある「こもれびの足湯」へ立ち寄ってみるつもりで、家を出たのだが、足湯がある場所は、駅を挟んだ反対側のうえ、地図上でも、かなりの距離があるため、一番近い駅までは、電車を利用することにした。





c0019055_1524412.jpg
 1度、小平駅まで引き返し、西武拝島線の玉川上水行きに乗り、約15分で「東大和市」に到着。駅を出たら、ピンクの山茶花が迎えてくれて、その先に、落ち葉が散り敷いた赤レンガの遊歩道が続いており、期待に胸がはずんだ。




 頭上を覆う、ケヤキやカシの木。そして、樹齢百年というアカマツ並木が続く遊歩道を、かなり歩いたところで、「このまま、真っ直ぐ行けば、辿り着けるのかしら?」と、不安になり、行き逢った、年配の女性二人連れにお聞きしたら、左手の「山の中を横切って行くのが近道」と教えてくれた。
 そこで、囲いの破れ目から、中へ入り、かさこそと、落ち葉踏み分け、進んで行ったら、賑やかな人声が聞こえてきて、間もなく「こもれびの足湯」の前の道路に出たのだった。



c0019055_1519849.jpg



c0019055_1528892.jpg











 入り口を入り、係員の女性にうかがったら、料金は無料とのこと。屋根に覆われた小屋のような作りと、その間をつなぐ、小川の流れのような形をした湯船?の方に近寄って行ったら、老若男女、大勢の方々が、気持ちよさそうに、足を湯に浸している、のどかな光景が、目にとびこんできた。

c0019055_15403550.jpg



c0019055_15362052.jpg





c0019055_1547438.jpg






 グループで来たのか、わいわい賑やかな集団もいれば、湯に足を浸したまま、一人静かに読書にふけっている女性、くつろいだ様子で、おしゃべりをしているご夫婦らしきカップル、部活の後でもあろうか、中学生らしい男の子たち・・・。

c0019055_15552313.jpg


c0019055_155684.jpg


c0019055_15564814.jpg







 私も、ジーンズを膝までまくり上げて、湯船の縁に腰を下ろし、足を湯に浸してみたら、かなり熱めだが、歩いた後の、足の疲れがほぐされるようで、心地よかった。



c0019055_1611261.jpg 
上から、自分の「足湯体験」の写真も撮ってはみたが、「麗しきおみ足」ではないので、この写真だけは、圧縮してUPすることにした。





 温泉地では、街中や駅のホームに、無料の「足湯」が設けられていて、旅行者や地元の人々から喜ばれているようだが、昨年4月にオープンした、この施設には、足湯だけではなく、「手湯」もあり、椅子に腰掛けて、手を湯に浸している女性たちの姿も見られた。

c0019055_16145428.jpg

c0019055_16153027.jpg








 隣が清掃工場で、そこの井戸から汲み上げた天然水を、ごみ焼却炉の余熱を利用してお湯にし、足湯に注いでいるのだそうだ。




 c0019055_16301550.jpg
 
ごみを燃やした熱を利用した植物園や、温水プールはよくあるけれど、足湯は初めてだなと思ったが、利用されたお湯は、排ガス冷却用水として再利用されており、縁石には、焼却灰から作られたエコセメントを使用するなど、色々と環境への配慮もなされているとのことであった。







 「こもれび」と聞くと、枝葉の間から、ちらちらと、こぼれ落ちてくる太陽の光を連想するが、言葉の響きからも、穏やかで、優しいぬくもりが感じられるので、私は、「こもれびの足湯」というネーミングも、気に入っている。



 これから冬に向かっては、さらに、大勢の人々が「こもれびの足湯」を訪れることであろうが、手足を温めると、体全体がぽかぽかと温まってくるばかりか、心の中まで、ほんわかと、温もってくる気がするので、私も、また、是非、来てみようと思ったのだった。





c0019055_1732568.jpg





*写真をクリック→左上に出た小窓を最大化すれば、写真を拡大してご覧いただけます。 
[PR]
by pooch_ai | 2008-11-27 17:04

 葉っぱが主役


~木々が奏でる秋色のシンフォニー~


c0019055_13514333.jpg




 ここ数日の真冬のような寒さに、大慌てで冬物のコートや暖房器具を引っ張り出したのだが、外へ出ると、公園の木々や街路樹が美しく色づき、思わず足を止めて見とれてしまった。



c0019055_1358055.jpg 
 そこで、アンジェへ出かけてみたところ、花の季節とは、全く違った表情で迎えてくれたのだった。華やかさには欠けるものの、しっとりとした落ち着いたムードが漂っていて、心の安らぎを感じさせてくれた。c0019055_1416361.jpg


c0019055_14185288.jpg








 赤く色づいたハナミヅキや、金色に輝くゴールデンポプラ。


c0019055_144639.jpg

c0019055_15222081.jpg












 団扇のような形をした、黄色と緑の縞模様のカツラ、

c0019055_14265465.jpg



 そして、木の先端部分の葉が真っ赤な「モミジバフウ」は、同じ1本の木でありながら、日の当たり具合なのか、中ほどは黄色で、下の方は、まだ緑色。中間には、紫がかった葉も見られ、思わず、ため息が漏れるほどであった。

c0019055_14273145.jpg







c0019055_14455760.jpg












 千代紙か和服の模様を思わせるような、自然という偉大なアーティストが腕によりをかけた造形美に魅せられ、夢中で、シャッターを切り続けたのだった。


c0019055_14263636.jpg





c0019055_15162745.jpg









私の腕で、どこまでこの素晴らしさを、美しさを、捉えることができるかは疑わしかったけれど・・・。

c0019055_15474262.jpg





 ポンドガーデンも、池の中心にある、フランスのマルセイユ宮殿にある「愛の神殿」をモチーフにしたというドームと、その周辺の色づいた木々が、水面に映し出され、ヨーロッパの水辺の景観といった趣が感じられた。

c0019055_15564926.jpg


c0019055_15573382.jpg











 芝生の広場の周囲や、通路沿いには、プリムラやビオラ、シクラメン等々の花が、目を楽しませてくれていたし、ローズガーデンのバラも、まだ、たくさん咲いていて美しかったが、もう、見飽きた感じなので、今回はさっと流すだけにした。


c0019055_16135746.jpg





c0019055_1633023.jpg










 そんな中、唯一、私の心を強く捉えたのが、薄紫色のサフランの可憐な姿であった。パエリアやリゾットなど、黄色のサフランライスの着色料に使われるのは、めしべの花柱を摘み取って、乾燥させたものだとか。



c0019055_16202864.jpg




 歩き疲れ、芝生の広場で、コーヒーを飲みながら、周囲の景色を眺めていて、何気なく振り返ったら、なんとテーブルの上に、一匹の(=^・^=)が、鎮座ましましているではないか!
思わず、キャット!声を上げそうになり、「君に上げる物はないよ」と、追い払う仕草をしたら、テーブルからは降りたものの、ベンチにちょこんと座ったまま、一向に立ち去る気配はなく、「やっぱり、猫に好かれてしまったのかも」と、思ったのだった。

c0019055_16274269.jpg

c0019055_1632448.jpg











 この季節、花より葉の方が主役の感じで、微妙な色の違いが興味深く、今回は木の葉を中心に撮ってみたのだが、オータムカラーに染め上げられた葉っぱの、さまざまな色が奏でるシンフォニーに、酔いしれた晩秋の午後であった。





c0019055_1638972.jpg




*写真をクリック→左上に出た小窓を最大化すれば、写真を拡大してご覧いただけます。 
[PR]
by pooch_ai | 2008-11-14 16:39

 これがホンとの招き猫?



~ お散歩日和だニャー!!~
c0019055_1214484.jpg




 岩合光昭の猫の写真展を観に行ってから、続けて3度も、行く先々で猫と出会い、これは、どういうわけであろうかと思ったのだった。




c0019055_1311145.jpg  最初は、徳富蘆花の墓の前に、墓守よろしく陣取っていた2匹の猫と出会い、次が小平のグリーンロードを歩いていたときで、猫に気づいて、カメラを向けたら、歩みを止め、カメラ目線でポーズをとったのには、「モデル慣れしてる~!」と、思わず感嘆の声を発してしまった。

c0019055_130990.jpg 








 そして、更に、アンジェのハーブガーデンで、私が入って行ったとたん、ベンチに寝そべっていた真っ黒な猫が、一瞬、逃げ出しかけたのだが、こちらが知らん顔をして、花の写真を撮り始めたら、悠々と元の場所に戻ってきて、じっと私を見つめていたのだった。
c0019055_13141111.jpg


c0019055_13134150.jpg









 家の近くでなら、野良らしき猫を見かけることは、しょっちゅうあるが、写真を撮りに行って、猫と出会った覚えはないけれど、それは、花とか、他の被写体にばかり気をとられていて、猫がいても、目に入らなかったのかも知れない。

 あるいは、いつの間にか、猫や猫グッズに対する私の関心が高くなってきていることを、いち早く、彼ら特有の嗅覚で嗅ぎつけ、親近感を覚えて、猫の方から近寄ってくるのであろうか。

c0019055_13212086.jpg
 


 そんなことを考えていたら、「だったら、次は、猫と猫グッズを取り上げてみたら?」と、天の声ならぬ、私の中の、内なる声がささやきかけてきたので、「それ面白いかも!」と、猫の街として名高い、谷中へ行ってみることにしたのだった。

 
 

c0019055_13531999.jpg 

 千代田線の根津駅を出て、先ず向かったのが「ねんねこや」。猫グッズがいっぱいと評判のお店で、店の前には、(=^・^=)たちのなわばり?を描いたマップが貼ってあると、聞いていたので。








 そのお店は、不忍通りから谷中方面に向かう三浦坂という、細くて急な坂道の途中にあったが、手前の電柱に「猫注意」の張り紙を見つけて、思わずニヤリ。


c0019055_13541381.jpg


c0019055_1423761.jpg










 噂に違わず、店頭には、猫グッズがわんさと並べてあった。気持ちよさそうに居眠りしている猫の置物や、蚊やり、猫の足跡が市松状に染め抜かれた「ねこ豆絞り」の手ぬぐい、にゃん太郎アメに、招福もなか・・・。
c0019055_14255869.jpg



c0019055_141426.jpg






c0019055_14142735.jpg








 

 2階では、食事もできるらしく、裏メニュー「猫舌(ねこたん)シチュー」の看板に、「本当は牛舌(ぎゅうたん)だよー」と、小さく書かれていたのには、吹き出してしまった。

c0019055_1428451.jpg


 
 と、そこへ、この店の飼い猫らしき黒い縞模様の(=^・^=)殿が、のっそり。この猫殿ときたら、絶えず、大勢の人が押しかけるのに、うんざりしているのか、無愛想この上なし。
c0019055_1435388.jpg 

 店先の客が、背中を撫でたり、カメラを向けるのを振り切るようにして、店内へ消えていってしまった。



 
 それを潮に、「ねんねこ屋」を後に、ぶらぶら歩いて行って、次の角を右に曲がったら、道の真ん中に、うずくまるようにしている猫と出会った。じっと目を閉じているので、眠っているのかなと思い、しゃがんでカメラを構えたとたん、むくっと起き上がり、足元に寄って来て、じゃれつくので、写真を撮ることができず、仕方がないから、立ったまま、上から撮らせていただいて、バイ、バーイ。


c0019055_14571219.jpg

c0019055_1531230.jpg











 次の角を、再度、右に曲がり、三浦坂と平行して走るあかじ坂を、しばらく進んだところで、住宅街の中にある「猫町カフェ29(にくきゅう)」を発見。

c0019055_1585855.jpg

c0019055_1591234.jpg




屋根の上に、置物の白い猫が4匹並んでいるのが目に入り、近寄ってみたら、葡萄の蔓らしき間には、点々と足跡までもが印されていた。


 c0019055_159377.jpg

面白そうなお店、と思ったものの、ランチは済ませていたので、そのまま素通りしてきたが、店の横の住まいの扉は、巨大な猫の顔になっていた。






 そして、更に、千駄木方面へと向かう途中で、「猫雑貨の店 meow meow みゃうみゃう」の看板に惹かれて、店内をのぞいてみたら、バラエティに富んだ猫グッズが、所狭しと並べられていた。

c0019055_15311712.jpg



 猫の図案をあしらったTシャツや、ケータイ・ストラップ、キーホールダー、ピルケース、レターセット、ソックス、クッションや食器類、等々。

c0019055_15214746.jpg



c0019055_15354280.jpg






 

 愛猫家の友人たちへのお土産を買い求めたついでに、「写真はダメでしょうね」と、うかがったら、「いいですよ」と、快く許可してくれたのだが、残念なことに、店内が暗いのと、殆どの商品は、ビニールやセロファンの袋入りのため、鮮明な写真は撮れなかった。
c0019055_15404476.jpg
 だが、猫の模様の湯飲みとか、猫グッズはどれも可愛らしくて、見ているだけで、気分がほのぼのとしてくるのだった。



c0019055_1544432.jpg

 オーナーらしき女性も、かなりの猫好きらしく、ひとしきり、猫グッズや、「地中海地方の泳ぐ猫」の話題で盛り上がったが、賑やかな女性グループの来店で、別れを告げたのだった。








 雲が出てきたため、夕景がきれいと評判の「夕焼けだんだん」からの写真を撮ることは出来なかったが、猫町散策は、結構面白かったな、と思ったら、和歌山電鉄貴志駅の猫の駅長「たまちゃん」の話を思い出した。

c0019055_15531788.jpg 
たまちゃん就任以来、観光客がどっと押し寄せ、多大な経済効果をもたらしたそうだが、ここ猫の町・谷中も、猫目当てに大勢の人たちが訪れているとのこと。これが、ホンとの「招き猫」だなと思ったのだった。









 *写真をクリック→左上に出た小窓を最大化すれば、写真を拡大してご覧いただけます。 
[PR]
by pooch_ai | 2008-11-01 15:59


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧