独り言


とりとめのないつぶやき
by pooch_ai
以前の記事
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
more...

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

飛鳥の小経を彩る紫陽花

c0019055_9594289.jpg


 ~目を奪う、延々と続く花の壁~







 「一体、飛鳥の小経(こみち)って、どこまで続いているのだろう?」

c0019055_1015492.jpg


c0019055_10154286.jpg










 色とりどり、あふれんばかりに咲き誇り、道路にせり出し、重たげに垂れ下がったアジサイの花々に、半ば圧倒されながらも、シャッターを切る手を止めることは出来なかった。


c0019055_1029264.jpg


 
c0019055_116825.jpgc0019055_1164423.jpg











 「飛鳥山公園=桜」のイメージが強く、これまでは、桜の季節にしか訪れたことのなかった飛鳥山公園が、アジサイの名所でもあると知り、梅雨の中休みに、出かけてみたのだが、聞きしに勝る見事さに、目を奪われ、声も出ないほどであった。

c0019055_11203364.jpg


 警備員が教えてくれた王子駅横の、JR線路沿いの路地に足を踏み入れたら、一昔前の飲み屋といった感じの店が軒を連ねていて、こんなところに、本当にアジサイが咲いているのだろうかと、半信半疑のまま、更に進んで行ったら、数株の白いアジサイが目に入り、「なんだ、これだけ?」と、一瞬思ったのは、早とちりもいいところで、その先が凄かったのだった。


c0019055_132986.jpg






c0019055_11235136.jpg











 「飛鳥の小経(あすかのこみち)」と、名づけられた、飛鳥山公園の山裾と、JRの線路との間の、人一人が通れるぐらいの細い道を、石垣沿いに植えられたアジサイを眺めながら、辿って行くと、

c0019055_1131520.jpg


 延々と続く、ブルー系のセイヨウアジサイが、途中で赤紫の群れに変わったり、


c0019055_11432868.jpg




c0019055_11441297.jpg











地面すれすれに咲いている箇所があるかと思えば、ガクアジサイの一群が現われたり、


c0019055_11444983.jpg



c0019055_12221539.jpg









 山の斜面から流れ落ちる滝のように咲いている一角があったり、とかなり変化に富んでいて、見飽きることがなかった。


c0019055_1225693.jpg





 アジサイは、私の好きな花のひとつなので、これまでに、千葉県の麻綿原や、太平山、高幡不動、多摩川台公園、本土寺等々、方々へ出かけて行ったが、紫陽花の名所と言われているところは、どこも大変な人出で、確かに花は素晴らしかったものの、ゆっくり観賞することは難しかった。


c0019055_12444556.jpg



c0019055_12455595.jpg









 だが、ここは、あまり知られていないらしく、すれ違う人の数も少なく、のんびり写真を撮りながら、紫陽花の美しさを、堪能できたのはラッキーだった。


c0019055_12452339.jpg




 アジサイの花の、花びらのように見える部分が、実は萼片であることは、よく知られており、初め白く、後、青から赤紫に変化するとも言われているが、よく見ると、ひとつの球でも、萼片の色が微妙に違っているのが、とても興味深かった。




c0019055_12563913.jpg 

 たとえば、遠目には、「白っぽい花」のように見えるのが、実際には、アイボリーとごく薄い青紫の萼片が集まって、球状を成している、といったように。




 飛鳥の小経は、王子駅から上中里駅まで続いているそうだが、アジサイの花が尽きたところで、横の坂道を上って行ったら、公園の前の道路に出た。
博物館の横から公園に入ってみたが、わずかに、児童遊園地の方角から、幼児たちの声が聞こえるぐらいで、公園内はひっそりと静まり返っていた。


c0019055_11231335.jpg




 飛鳥山公園は、徳川吉宗が享保の改革の一環として、江戸っ子たちの行楽の地とするため、整備し、江戸庶民に解放したのが始まりで、当時、桜の名所地では、禁止されていた酒宴も許されていたそうだ。


c0019055_13104514.jpg 
 平成の世となった今でも、桜の季節になると、大勢の人々が、どっと押し寄せ、花の下にシートを広げて、昼間から、酒を酌み交わす光景が、あちこちで見られるのだが、その賑わいが、まるでウソのように思われた。





 桜も見事だけれど、今、観てきたばかりの、あの、1300株にものぼるアジサイが一斉に咲き乱れた光景も、素晴らしかったな、「飛鳥の小径」というネーミングも、情緒があって、なかなかいいし、などと思い返しながら、帰りは、都電の荒川線を利用することにして、公園前の停留所へと向かったのだった。



c0019055_13444093.jpg





*写真をクリック→左上に出た小窓を最大化すれば、写真を拡大してご覧いただけます。


 
[PR]
by pooch_ai | 2009-06-30 13:46

プチも歩けば・・・ sanpo


c0019055_14124218.jpg 

~ブーゲンビリアに魔女宿り、 

    天神通りにゃ妖怪が~
c0019055_1441144.jpg
 











 街歩きの楽しさは、通りがかりの家の庭に咲く花や、面白い看板、思いがけないディスプレイなどに出会うことである。


c0019055_1535831.jpg
 




 先日も駅へ向かう途中で、ブロック塀沿いに咲くブーゲンビリアが目にとまり、道を横切って渡って行ったところ、



c0019055_1511911.jpg

 なんと、なんと、驚いたことに、ブロック塀の端に、箒に跨った魔女が吊り下げられていたのだった。







 「ブーゲンビリアに棘があることは知っていたけれど、魔女が住んでいるとは!」と、近寄って、よく見ると、鼻の曲がり具合が、いかにも意地悪そうで、恐い感じなのに、風に揺られて横向きになると、マント姿の赤頭巾ちゃんのように愛らしく、その落差が面白くて、急いでカメラを取り出し、何枚か写真におさめたのだった。

c0019055_14254879.jpg



c0019055_14262745.jpg














 「横から見ると、 “魔女の宅急便”で、箒に跨って、空を飛んでいた女の子みたい・・・」と、思ったら、小松川千本桜へ行ったとき見かけた、土手下の幼稚園の壁に描かれていた女の子の絵を思い出したのだった。


 フェンスや郵便受けにあしらわれている動物が可愛らしいので、写真に撮り、何気なく、壁に目を転じたら、そこに、「若草物語」や「赤毛のアン」といった、外国の物語に登場してくるような、エプロンドレスを着て、輪転がしをしている少女のイラストが描かれていたのである。


c0019055_1434353.jpg


c0019055_14352867.jpg



c0019055_14355889.jpg








 「ここの園長さんは、少女時代、胸をときめかせながら、外国の小説に読みふけっていて、良識ある大人の女性に生長した今も、少女の心を失わずにいるに違いない」という気がしたのだった。
そして、園児たちは、毎日を、明るく、のびのびと、過ごしていて、豊かな想像力が育まれていることであろう、と思ったのだった。

c0019055_14395461.jpg


 
 魔女と出遭った数日後、友人とアンジェへ行った帰り、隣駅の調布で途中下車したところ、今度は、ゲゲゲの鬼太郎殿に拝謁を賜ったのだった。


c0019055_14574545.jpg
 調布には、鬼太郎の生みの親である水木しげるが住んでいるところから、北口駅前から布田天神に至る天神商店街に、鬼太郎や妖怪たちのモニュメントが設置されているのである。





 「ほら、あそこに居る!」と、友人が指し示した、商店街入り口の街灯の上に、ちょこんと座った鬼太郎は、片手に、目玉を持っていたが、出口の方の鬼太郎は、片目が頭についていた。



c0019055_15242770.jpg





c0019055_15504318.jpg





 夜になって、ライトアップされると、不気味な感じがするそうだが、昼間見る鬼太郎は、赤い鼻緒の高下駄姿で、妖怪にしては、可愛らしかった。







 商店街の途中には、歯をむき出して、ベンチに寝そべった、全身金色の「ねずみ男」や、「一反もめん」と「ねこ娘」もいた。


c0019055_15313834.jpg


c0019055_15362963.jpg









 ねこ娘は、両手を広げた一反もめんに、乗っていたのだが、空を飛ぶというよりも、オートバイにでも跨っているように見えるのが、おかしかった。





 この日のアンジェは、いつもに比べると、花の数が少なく、きれいだなと思ったのは、ジギタリスくらいで、一寸がっかりしたが、ズッキーニの花や青いアーモンドの実を初めて見たし、なによりも、鬼太郎の写真が撮れたのが、最大の収穫であった。



c0019055_15545435.jpg


c0019055_15552224.jpg

                             ←カシワバアジサイ
c0019055_15555833.jpg






                                            ↑ アーモンドの実

 「犬も歩けば棒に当たり、プチが歩けば○○に」で、期待を裏切られることもある代わりに、おつりがくるほど得をした気分になることもあり、何が待ち受けているかわからないからこそ、街歩きは楽しいのだと、改めて思ったのだった。

                                            ↓ ホタルブクロ

c0019055_15592884.jpg
                                             

c0019055_15595029.jpg
                                 


    





         ↑ ヤマホロシ




 これからも、デジカメ片手に、刺激的な出会いを求めて、知っている街はもちろん、知らない街へも繰り出して、せっせと街中ウオッチングを続けることにしよう。ウオーキングは体にもいいのだから。



c0019055_1644158.jpg

                         ↑ ジギタリス


 
*写真をクリック→左上に出た小窓を最大化すれば、写真を拡大してご覧いただけます。

                          
[PR]
by pooch_ai | 2009-06-14 16:23

洗い髪のような?



 ~雨にうたれて、ひときわ艶かし~

c0019055_17231188.jpg


 “爽やかの五月”のイメージとは裏腹に、連日のそぼ降る雨に、外出もままならず、いささかユーウツな気分で過ごしていたら、朝のうち激しく降っていた雨が止んだので、菖蒲沼公園へ行ってみた。



 10日ほど前、散歩の最終地点として、立ち寄ったときには、まだ、チラホラ、開き始めた程度であった花菖蒲も、そろそろ見ごろを迎える頃ではないかとの期待に、胸をとどろかせつつ。


c0019055_17261629.jpg




c0019055_17264589.jpg











 どんよりとした曇り空の下、水溜りを避けながら、菖蒲沼公園にたどりついてみたら、7~8分咲きというところであろうか、
色とりどり、一面に咲く花菖蒲の群が目に飛び込んで来た。


c0019055_17331151.jpg




 雨模様の天候にもかかわらず、美しさを競い合うように、咲きそろった花々を、写真に撮ろうと、カメラを構えたり、菖蒲田の中に設けられた木道をそぞろ歩く大勢の人々の姿が見られた。



c0019055_17474544.jpg 
 
 先ほどまで降っていた雨に打たれて、一段となまめかしさが増したような花に見とれて、「こういうのを艶冶(えんや)というのであろうか・・・」などと思っていたら、いつしか、うっとうしい気分も、どこかに吹き飛んでしまい、雨の季節も、また、いいものだなと思えてきたのだった。





 「友がみな 我より偉く見ゆる日は 花を買い来て 妻としたしむ」と、啄木も歌に詠んでいるが、花は、私にとって、常に、心を和ませ、優しく慰めたり、励ましたり、明るくしてくれる、大切な友人のような存在だと思っている。



c0019055_18105588.jpg



c0019055_17554418.jpg












 とりわけ、梅雨の季節に咲く、花菖蒲と、紫陽花は、私の大好きな花でもあり、心の中にまでカビが生えそうな、ジメジメとしたこの時期を乗り切る、大きな力になってくれているが、露を宿した花菖蒲は、洗い髪の美女のような風情があり、ひときわ心惹かれる思いであった。




c0019055_1862829.jpg 

 そういえば、途中の花畑に咲いていたタチアオイが、花びらに、露をいっぱい宿していた様子も、可愛かったな、などと思っていたら、不意に、前の晩に観た「ソクラテスの人事」という番組に出ていた、ほしのあきの笑顔が浮かんできたのだった。






 この番組が面白いのは、企業の採用条件も、ここまで変わってきているということを、ドキュメントではなく、クイズ形式に仕立ててみせている点にある。スタジオの解答者の答えから、出題した企業の人事担当者が、採用内定者を決めるのだが、その理由が、「良質な非常識の持ち主」など、かなりユニークで、その説明を聞いていると、何故、彼女を司会者の一人に起用したのかが、納得できる気がしてくるのである。


c0019055_1822297.jpg



 32歳のグラビア・アイドルとして、売れっ子の彼女は、同じ豊かな胸をしていても、叶姉妹のような不潔感がなく、あくまでもキュートさが魅力だから、女性も含め、幅広い層に人気があるのではなかろうか。


c0019055_18311120.jpg

 私自身、彼女の笑顔を観ると、肩の凝りがほぐれるような気がするが、会社勤めに疲れたお父さんばかりか、育児ノイローゼの若いママや、家事や介護に疲れた主婦なども、彼女の笑顔に救われているからこそ、好感度が高いのだと思う。





 これまでは、特に、彼女が好きだったわけではないが、あることがきっかけで、職業に貴賎はないなどと言っていても、まだ、まだ、世間には、「グラビア・アイドルの彼女なんて」という見方をしている人たちが少なくないことを思い知らされ、俄然、彼女を擁護したくなったのだった。


c0019055_1839616.jpg




c0019055_18462358.jpg
 元来、判官贔屓というか、バッシングにあったり、白い眼で見られている人がいると、味方したくなる性分なのだが、1度貼られたレッテルを剥がすのは難しいとは思うけれど、番組の司会を務めていく中で、彼女の持ち味が発揮され、知られざる一面を観ることが出来るのではないかと、大いに期待している。





 なんにしても、あの、キュートな笑顔は、雲間から顔をのぞかせた太陽のように、明るく、梅雨どきの、もやもやとした気分を晴らしてくれること、間違いないと思っている。





c0019055_18485298.jpg




*写真をクリック→左上に出た小窓を最大化すれば、写真を拡大してご覧いただけます。


  尚、今回UPしきれなかった花菖蒲の写真は、スライドショーにしましたので、ネームカードをクリック→タイトルor画面をクリックして、大きい画面でお楽しみください。 

 

          
[PR]
by pooch_ai | 2009-06-03 18:55


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧