独り言


とりとめのないつぶやき
by pooch_ai
以前の記事
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
more...

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

デジブック その3



  残暑お見舞い申し上げます。




    立秋は過ぎたけれど、まだ、まだ、厳しい暑さが続きますので、

        皆々様、お体、くれぐれもお大事に。



      デジブックの第3弾をお届けします。

        画面中央をクリックすれば、画面が拡大され、音楽入りで、ご覧になれます。
 




                                  <
[PR]
by pooch_ai | 2009-08-18 16:52

幻のデート



   ~アイアイと呼べど、アイアイは答えず~






c0019055_1741037.jpg

 上野動物園に、新しく「アイアイのすむ森」が出来たと知り、デジカメ片手に、いそいそと家を出たのだった。
 そう、あの「アイアイ アイアイ おさるさんだよ・・・」の童謡でおなじみの「アイアイ」に、ついに会えるのだと思うと、胸がワクワクした。





 それなのに、動物園の東園と西園を結ぶモノレールを横目に見ながら、歩道橋を渡って、坂道を下り、池の中の浮き桟橋を辿って、一目散、小走りで、「アイアイの森」に行き着いたと思ったら、なんと、「アイアイは夜行性のため、昼間は巣箱の中で眠っています」とのことで、実物に会うことは叶わなかったのである。


c0019055_178841.jpg


c0019055_1785741.jpg









 アイアイは、インド洋のマダガスカル島にだけ生息しているサルの仲間で、月光で、目が赤く光ることから、現地では「悪魔の使い」と呼ばれているとか。手の中指だけが細くて長く、木をたたいて耳で音を聞き、虫がいれば、前歯で木に穴を開け、中指でかき出して食べるのだそうだ。


c0019055_17314595.jpg 

 建物の中は真っ暗で、少し暗闇に目が慣れたところで、前に下げられたむしろをめくってみても、巣箱の中で眠っているアイアイの背中の一部?らしきものが、ガラス越しに、ぼんやりと見えるだけで、姿形も、皆目わからなかった。





 期待が大きかっただけに、落胆の余り、へなへなとその場にへたり込みたくなったが、ま、そういうことなら仕方がない、と気を取り直し、小さな島の中を一巡。上下を逆さまにしたような、奇妙な樹形の「バオバブ」の擬木(似せて作られたもの)や、同じマダガスカル島に住むという、「クロシロエリマキキツネザル」の写真を撮って、引き返すことにした。


c0019055_1736925.jpg


c0019055_173962.jpg












 往きには、周囲を眺める余裕もなく渡っていった浮き桟橋を、ゆっくり戻って行くと、不忍池は、一面、蓮の葉で覆われ、ところどころに花も咲いていたが、曲がり角の欄干の上に、なんと作り物のアイアイが、寝そべっていたのだった。


c0019055_17475453.jpg




 近寄って、写真を撮りながら、じっくり観察(?)すると、赤い眼と、長くて太いしっぽが特徴のアイアイは、サルよりも、タヌキに近いような気がした。


c0019055_17502621.jpg



c0019055_175194.jpg










 そして、更にその先の小島では、空洞のパオパブの擬木の根元から出入りしたり、離れた飼育舎との間を走り回ったり、つり橋の上に、ちょこんと腰を下ろしたりしている「ワオキツネザル」が認められたが、その縞々模様のなが~いしっぽは、なんとも珍しく、かつ魅力的だった。

c0019055_1756230.jpg


c0019055_17561919.jpg


c0019055_17564119.jpg







上野動物園の写真は、これまでに、何度もUPしているので、後は、ざっと流して、出口へと向かったのだが、途中で、見かけたフラミンゴの、グルーミングの最中なのか、首を奇妙にねじった姿には、いつものことながら、よくまあ、あんな格好が出来るものだと、感嘆し、カメラにおさめてきたのだった。

c0019055_1802428.jpg



 キリンやサイ、シマウマなども、特に珍しくはなかったけれど、なぜ、「バーバリシープ」がシマウマと同じ檻に居るのかが、謎だった。大人しい動物は、一緒に飼育する方針なのだろうか?

c0019055_183273.jpg



c0019055_1833278.jpg



c0019055_1841650.jpg








 何度も見てはいるけれど、プレーリードッグはやはり可愛らしく、その向かいの檻にいたオナガザル科の、「アビシニアコロブス」の筆のようにふさふさした見事なしっぽには、見とれてしまい、しばらくその場を離れられなかった。

c0019055_186217.jpg


c0019055_18143491.jpg

c0019055_18223345.jpg










 夏休み中には、夜間の開園日があるようだから、そのときなら、アイアイに会えるかも知れない。でも、子供たちが大勢押しかけて、さぞかし混雑するだろうな、などと思いながら、動物園を後にしたのだが、 帰りの電車にゆられながら、それにしても、子供の頃に口ずさんでいた童謡のイメージと、実物のアイアイとは、ずいぶん違うのだな、と、欄干の上の模型や、掲示板の文章を思い返して、改めて驚いたのだった。

 
c0019055_1832830.jpg




 後で、あの童謡について調べてみたところ、可愛い動物の歌を、と頼まれた作詞者の相田裕美さんは、アイアイというサルがいることを知り、名前が可愛いので、図鑑で見た特徴をそのまま歌詞にしたのであって、マダガスカルでは、「悪魔の使い」として気味悪がられていることや、アイアイの名前が、その姿に驚いた現地人の、叫び声からきていることは知らなかったとのこと。そのため、日本では、明るい曲の童謡として、親しまれてきたようだ。



c0019055_18474875.jpg

[PR]
by pooch_ai | 2009-08-10 18:55


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧