独り言


とりとめのないつぶやき
by pooch_ai
以前の記事
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
more...

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初夏のアンジェ

~ジャーマンアイリスに心を奪われて~



 久しぶりに訪れたアンジェは、モネの池にスイレンやキショウブガ花開き、池を縁取るように純白のヤブデマリとヒメウツギが咲いていて、すっかり初夏の様相を呈していた。
 
c0019055_17132659.jpg


 だが、この日、主役の座を争っていたのは、ジャーマンアイリスとバラで、人気を二分していた。

c0019055_175343.jpg


 私の心を捉えたのは、ジャーマンアイリスだったけれど・・・。

c0019055_174568.jpg





















 特に、薄紫系の花が一番好き!花の形は、花菖蒲に似ているけれど、薄紙のような花びらが、はかなげで、なぜか心惹かれるのだ。

c0019055_176470.jpg


 ローズガーデンへ向かう途中で、珍しい白い花を見つけて、何?と、思ったら「ナンジャモンジャ」の花であった。名前は、よく耳にしていたけれど、花を見たのは初めて。

c0019055_17301327.jpg



 もう、何度も見ているせいか、最近はバラが咲き誇っているのを見ても、あまり、感動しなくなってしまった。バラさん、ゴメン!

c0019055_17341069.jpg


 バラの名前に、プリンセスや外国の女優の名前は多いけれど、日本の女優の名が少ないのは、バラのイメージが、バタくさいからなのかしら?

c0019055_17394885.jpg


 バラで好きなのは、黄色糸か白。もっとも、白い花は何でも好きだけれど

c0019055_17414686.jpg


 ローズガーデンの隣では、セイヨウミザクラの木に、赤く色づきかけた実がびっしりなっていた。

c0019055_174847100.jpg



 
[PR]
by pooch_ai | 2010-05-29 18:12

一寸寄り道

前回UPした「町田ぼたん園」へ行く途中に、「町田リス園」と「薬師池公園」があったので、行きがけに一寸立ち寄ってみた。


c0019055_1718188.jpg
 

     ~チビッ子たちの人気者?~







 町田リス園では、約150匹のタイワンリスが放し飼いにされている。



c0019055_17204434.jpg








c0019055_17231234.jpg












 防護用手袋の上に、えさであるひまわりの種をのせて、リスたちに食べさせることができるが、えさを食べる仕草が可愛らしく、リスとのふれあいが楽しめるのが、子どもたちの人気を呼んでいるようだ。

c0019055_17251842.jpg




 だが、放し飼いにされているリスたちの行動は、思ったよりもはるかにすばしっこく、ちょろ、ちょろ、ちょろ、ちょろ、巣箱から、出たり入ったり、目まぐるしく放餌場の中を走り回っていて、カメラに捉えるのが難しかった。


c0019055_1727521.jpg



c0019055_1730533.jpg




c0019055_173046100.jpg







 走り回ったり、手すりや切り株などに乗っている、その姿は、リスというよりも、ねずみか、いたちみたいでおかしかったが、写真で見ると、目が光っているリスもいて、それは、明らかに獣という感じがした。


c0019055_17361952.jpg




 放し飼いのタイワンリスの他、檻の中で飼われているエゾリスや、ウリ坊のようなシマリス、キタキツネを思わせるキタリスなどもいたが、金網越しに見る彼らは、一様に大人しく、どこか悲しげだったのは、思い過ごしであろうか?


c0019055_17451052.jpg



c0019055_17454391.jpg













c0019055_17542451.gif







c0019055_17593394.jpg


~水と緑の憩いのスポット~









 リス園の向かい側にある「薬師池公園」は、1982年に「新東京百景」、1998年には「東京都指定名勝」に指定され、さらに、2007年には「日本の歴史公園100選」に選定された町田市を代表する公園とのこと。


c0019055_18101299.jpg






 新緑がまぶしい公園の中心部には、満々と水をたたえた大きな池があった。



c0019055_18273121.jpg





c0019055_18371648.jpg












 橋を渡り、池を廻って、そぞろ歩いていると、水鳥の泳ぐ姿も見られ、疲れが癒されるようであった。

c0019055_1841840.jpg





c0019055_18415113.jpg











 橋を渡ると、大きな藤棚があり、花には少し早すぎたが、その下に設けられたベンチでは、大勢のお年寄りが、池と藤の花を眺めながら、ひと休みしていた。
 今回は、下見のつもりで、一寸立ち寄っただけであったが、ここでは、梅、椿、桜、花菖蒲、大賀ハス、紅葉など、四季折々の彩が目を楽しませてくれるそうだし、江戸時代の古民家や、水車小屋などもあるそうだから、次回は、もっとゆっくり来てみようと思ったのだった。



c0019055_1911541.jpg

[PR]
by pooch_ai | 2010-05-19 19:03

気分も爽快


~大輪の牡丹と、風をはらんだ鯉のぼり~



c0019055_1135893.jpg



 やっと気温も平年並みに戻り、アウトドアには快適のシーズン。爽やかな風に誘われて、「町田ぼたん園」に行って来た。


c0019055_1058274.jpg
















c0019055_114552.jpg




 











 ぼたん園は、鎌倉街道をそれて、坂道をかなり上った高台にあるので、「まだ、先なの?」と、フウ、フウ、息を切らしながら、辿り着いたのだが、苦あれば楽あり、

c0019055_11355588.jpg














 広々とした園内には、艶やかな牡丹が、今を盛りと咲き誇り、「いこいの広場」と名づけられた芝生の広場では、藤棚を見下ろす上空に、風を腹いっぱいにはらんで、勢いよく泳ぐ鯉のぼりが眺められ、疲れも吹き飛んでしまった。 


c0019055_113129100.jpg




 ゴールデンウイーク直前だったので、園内はそれほど混み合ってもいなかったから、のんびり散策を楽しみながら、満開の牡丹や、可憐な花を、ゆっくり鑑賞することが出来た。


c0019055_11565113.jpg















 牡丹の他、石楠花や、しゃが、鯛釣り草なども咲いていたし、緑が目に爽やかで、心身がリフレッシュされた気がした。

c0019055_11574436.jpg

















 葉が牡丹に似ている「鯛釣り草」のネーミングは、花穂を鯛を釣竿で釣り上げた形に見立てて、のこととか。


c0019055_11592767.jpg
















 帰り道は、下り坂でもあり、花の精たちが元気を授けてくれたのか、足取りも軽く、鼻歌を口ずさみながら、あっという間にバス停に着き、タイミングよく、来合わせたバスに乗ることが出来て、まさに、花まるの一日であった。



c0019055_12285885.jpg




    *MOREをクリックすれば、残りの写真をデジブックでご覧いただけます。

More デジブックも見てね
[PR]
by pooch_ai | 2010-05-03 12:32


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧