独り言


とりとめのないつぶやき
by pooch_ai
以前の記事
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
more...

抱柱乃信(ほうちゅうのしん)

 ー「五月になれば」、後日談ー 
 
 c0019055_20365247.jpg
 
掌説「五月になれば」を読んでくださった友人から、メールが届いた。
 (ご本人の了承を得て、そのまま、引用させていただきました)



「独り言の作品が増えましたね。
とんがり帽子の時計台と少年と年上のお姉さん。
思い出したのが「ほうちゅうのしん」 
昔中国で、二人の男が何年後かに「この橋のこの柱のところで」と、会う約束をした。
片方が約束の日に待っていたが、もう一人は現れない。川が増水してもその柱を抱いていて、溺れて死んでしまったという話。
漢字で書こうと、広辞苑で調べたが、出てない。
私の記憶違いかな。友の来るのを信じて柱を抱いて離れなかった。という話」



c0019055_20381316.jpg


 
c0019055_20392925.jpgこれを読んで、なんだか、胸にぐっと、くる話しだなと、思った。
 男の友情って、いいなと、少なからず感動したのである。


 もしやと思い、電子辞書の一括検索で、調べてみたところ、「抱柱乃信→尾生乃信」と出ていた。



 そこで、「尾生乃信(びせいのしん)」を引いたら、
(意味)約束を必ず守ることのたとえ。
     また、融通がきかなくて、愚直であることのたとえ。

c0019055_20443215.jpg(注釈)中国の春秋時代、魯の尾生という人が女性と、橋の下で会う約束をしたのに、彼女はやってこない。大雨で川の水が増水して危険になったのだが、尾生は約束を守って立ち去ろうとせず、橋げたにつかまったまま、溺死したという故事から。よい意味にも悪い意味にも使う。
 と、こちらは、相手が女性の話であった。

 

 だが、私としては、男同士の話の方が、ずっといいし、融通がきかない云々は、ひどすぎるように思う。

 相手が来なかったのは、約束を破ったとか、忘れたのではなく、止むに止まれぬ事情があったのだと思いたい。ケータイなんて、なかった時代なのだから。


 けれども、相手が女性ということになると、こちらの受け取り方が、いささか、違ってくる。



c0019055_20473216.jpg「五月になれば」のユースケの場合は、14歳の少年の、年上の女性に対する、憧れにも似た思慕の念、“淡い初恋”なのだから、ひたむきなところが、いいわけで、と、身びいきというか、作中の人物に対しては、書いているうちに、どんどん、愛しさがつのってきて、つい、弁護してしまうのが、人情というもの。


 しかし、これが、成人男子となると、「女にだまされたアホな男」と思ってしまうわけで、「愚直であることのたとえ」にされても、仕方がない気がするのである。



c0019055_21535554.jpgまあ、自分でも、かなり「独断と偏見」に満ちた意見と、思わぬでもないが、以前、「いま、コラムの時代」と題する、朝日新聞のシンポジウムで、名コラムニストの轡田隆史氏が、「コラムは、独断と偏見でいいんです、ただ、そこに、少しユーモアを加えることが、肝心」と、話されていたから、お許しいただきたい。

(でも、反論には、謙虚に、耳を傾けさせていただきますので、じゃんじゃんご意見を、お聞かせください)



 いずれにしても、相手をそこまで信じられるのは、ある種、幸せなことだと、言えるのでは、ないだろうか。たとえ、手痛い裏切りに遇ったとしても。



c0019055_21572929.jpg昔 、「知るは喜びなり、と申しますが・・・」で、始まるテレビのクイズ番組があったが、メールをいただいたおかげで、「抱柱乃信、又は、尾生乃信」という、四字熟語と、その由来を知ることができたわけで、「持つべきものは友。大事にしなくては」と、改めて思ったのだった。



 そして、また、矢張り、私は、「人を信じたい」、とも思った。こんな時代だからこそ。

      

 今回カットに使った写真は、すべて、小菅スポーツ公園で、撮影したものだが、デジカメの大先輩に、教えていただき、写真を拡大して見られる挿入法で、アップロードした「ノウゼンカズラ」を撮ったのも、この公園であったと、懐かしかった。
c0019055_20545066.jpg

[PR]
# by pooch_ai | 2006-05-04 21:01

掌説 <五月になれば>

 
c0019055_1141888.jpg 去り行く桜の季節を惜しみつつ、今回は、ショート・ショート・ストーリーを、お届けすることに。




 
 今日、また、僕は、約束の猿江公園へ行ってみた。


 桜は、すでに、満開の時期を過ぎてはいたけれど、桜の花越しに、「三角帽子の時計塔」が見えたときは、期待に胸が高鳴った。
c0019055_1171822.jpg


 だが、やはり、みどりさんの姿は、どこにも見えなかった。

 「ユースケ、必ず、また、会おうね。三角帽子の時計塔の下だよ」
最後に会ったとき、みどりさんは、そう言ったのに・・・。

 ベンチに腰を下ろして、本を読んだり、時計塔から、余り離れない範囲内で、ゆっくり、公園内を散歩したりして、かなりの時間待ってみたが、みどりさんは、ついに現れなかった。



c0019055_1183335.jpgそろそろ帰ろうかな、と思ったそのとき、不意に、「チロ、チロ、どこなの?」と、遠くで、女の人の声が聞こえ、僕の横を、鎖を引きずった子犬が、駆け抜けていった。



 「みどりさんだ!」僕の胸は、ドキンとした。が、犬を追って来たのは、みどりさんとは、似ても似つかぬ、ずっと年上の女の人だった。

 「ダメじゃないの、ひとりで、先に行っちゃ」と、子供を叱るような口調で、子犬を抱き上げ、その女の人が立ち去ってしまうと、夕暮れの近付いた、公園には、人影も見えず、うら悲しい感じがした。

c0019055_11253382.jpg




 あれは、去年の秋。まだ、僕が、中1のときのことだった。
3連休を間にはさんで、検査入院していた僕は、シーツ交換のため、部屋から追い出され、休憩室のソファに腰を下ろして、雑誌のページを、パラパラめくっていた。


 「悪いけど、少し詰めてもらえる?」
突然、頭の上から声が降ってきて、見上げると、アジエンスって、シャンプーのCMに出てくるような、髪の長い、きれいなお姉さんが、僕の前に立っていたのだった。c0019055_11415159.jpg



 「あっ、はい」
 あわてて立ち上がったとたん、僕の点滴の台が、あやうく倒れそうになり、「危ない」と、彼女が、それを支えてくれて・・・。
それが、僕とみどりさんとの出会いだった。



 「私、みどり。医者は、言葉を濁しているけど、癌に違いないと思うんだ。で、そっちは?」
サバサバした口調で、事も無げに、言ってのける彼女に、僕は、半ばあっけにとられ、すぐには、言葉が出なかった。


 「あっ、僕、悠一です。なんとかって腸の病気らしくて・・」
「そうか。食べ盛りって感じなのに、食事抜きで、ユースケも辛いね。でも、病気になんて負けるなよ」

 みどりさんは、外見には似合わぬ、男のような口調で、そう言うと、点滴の台の方に、あごをしゃくるようにしてから、僕の肩を、軽くたたいたのだった。


c0019055_1221617.jpg 「はあ、ありがとうございます」
 「ねえ、その他人行儀な、言葉遣いはやめよう。ユースケと私は、いわば、病気と戦う戦友同士」
「あの、僕、ユースケじゃなくて、悠一・・」
「いいの、いいの。私は、ユースケの方が好きだから」

「そんな、サンタマリアみたいじゃないですか」
「はあ?」
「ああ、ユースケ・サンタマリア?」
「私は、あいつ、嫌いじゃないよ。結構、芝居、上手いしね」
そんな話をしていたら、看護婦さんが
「伊田葵さんいらっしゃいますか」
と、誰かを探しに来た。


 「ハイ」と、返事をして、みどりさんが行ってしまい、僕は、狐につままれたような気がした。


 しばらくして戻って来たみどりさんに、僕は、思いきって聞いてみた。
「今、確か、葵さんとか」
「うん、葵が本名。ほら、源氏物語の葵上の葵。でも、嫌いなのよ。だから、普段は、ハンドルネームのミ・ド・リ」
「・・・・・」


 「ああ、あ」と、ため息ともつかぬ声と共に、大きな伸びをした後、つぶやくように言ったみどりさんの言葉に、僕は、また、また、ビックリ仰天した。

 「今夜、亭主が来たら、先生から説明があるんだって」
 「テイシュ?」
 「うん、私、こう見えても、人妻なの」
 みどりさんは、左手をかざして見せたが、その薬指には、シルバーのリングが、光っていた。

 「学生結婚って、やつ」
 「大学に入って、一番良かったのは、彼と出会ったことかな。彼って、雲みたいな人なんだ。真っ青な空に、“ぽっかり浮んだ白い雲”」
最後は、歌うようにそう言ったのだった。
 「雲?」
 「そう、茫洋としていて、いつも私のことを、温かく包み込んでくれる・・・」

c0019055_13402876.jpg



 それから、みどりさんは、しばらくの間、黙って、窓の外をぼんやり眺めていた。

 その頬を、涙が、一筋、すうーと流れ落ちるのを見てしまった僕は、あわてて目をそらせたのだった。



 手術の日取りが決った日、みどりさんは、あの、つややかなロングヘアを、思い切り短くカットしてしまったのだった。

 手術の後、抗がん剤の治療をする予定だが、「副作用で、髪が、ごっそり抜け落ちてしまうから」、と。




c0019055_13105152.jpg「ユースケ、猿江公園知ってる?」
 「猿江公園ですか?」
 「うん、私のお気に入りのお散歩コース。三角帽子の時計塔があってね、桜の季節が、もう、最高。だから、二人とも元気だったら、来年は、そこで花見をしよう。毎日、2時から3時の間に、行ってるから」 
 「僕、絶対、行きます」


 部屋に訪ねて来たみどりさんは、宝塚の男役のようだった。目ばかりが大きくなった感じで、痛ましさに、僕の胸は、キリリと痛んだ。

 「でも、ケータイの番号、教え合ったりは、しないよ。もし、連絡して、相手の具合が悪かったら、お互いイヤじゃん?」

 そして、会うのも、今日が最後。手術の後の、病み衰えた顔なんて、見られたくはないから、絶対に、部屋に来てもいけない。
そう、念を押すと、
 「じゃ、桜の花の咲く頃に。指切りゲンマン」と、僕の小指に、自分の小指をからませて、明るく笑っていたみどりさん。
c0019055_1345994.jpg

 あのみどりさんが、病気に負けたりするはずはない。



 僕は、明日も、明後日も、葉桜の頃になっても、また、ここへやって来るだろう。みどりさんとの約束を果たすために。

 桜の季節には会えなくても、緑の風が吹き渡る、さわやかな五月になれば、きっと、みどりさんに会えるだろう。なんたって、名前が“みどり”なんだから。


c0019055_12553956.jpg

c0019055_1593285.gif

[PR]
# by pooch_ai | 2006-04-16 11:09

桜の背後にそそりたつのは?


c0019055_1663660.jpg 
 このところ、東京タワーの人気が凄いらしい。展望台は、連日大混雑だし、お土産グッズも飛ぶような売れ行きとか。 

 それもこれも、みな、あのリリー・フランキーの「オカンと、ボクと、ときどきオトン」の、小説「東京タワー」が、130万部ものベストセラーとなったためのようだ。




c0019055_16272020.jpg
 東京で桜が満開と、報じられたとたん、冬の寒さに逆戻り。北風がピュー、ピュー吹きまくる花冷えに、デジカメの撮影に出かける気にもなれずにいた。




 それが、朝から、風もない晴天で、絶好の花見日和となった日、どうせ出かけるのなら、東京タワーと、桜の両方が見える所に、と思い、芝公園へ出かけたのだった。

c0019055_16165439.jpg


 東京タワーとは、浅からぬ縁があるため、再び脚光を浴び出したことで、懐かしさを感じていたから。
もっとも、浅からぬ縁と言っても、こちらが、一方的に、そう思っているだけの話で、あちらさまが、どうであるかは、知る由もないことだが。


c0019055_16323760.jpg
 
 昔、タワーの足元にあるビルで、数年間、仕事をしていた時期があった。
その当時は、朝晩、タワーを目にしていたから、食傷気味というか、そこにあるのが、当たり前で、タワーを見ても、特になんの感慨も湧いてはこなかった。

 


 それが、何十年後かに、再び、東京タワーと、毎日、顔を合わせる破目に陥ろうとは、一体、誰が予想したであろうか。
運命の神は、悪戯好きと、言うけれど、人生とは、本当に面白いものである。



c0019055_16445699.jpg数年前、大病をして、入院。生死の境を彷徨っていたのだが、10階の病室の窓から、東京タワーが、直ぐ近くに見えたのである。
 窓際のベッドに横たわったまま、目の前に、そそり立つ東京タワーを目にしたとき、「やあ、お久しぶり」と、昔の友人に再会したような、懐かしさを覚えたのだった。



 夜ともなると、タワーに灯がともり、その時間に、見舞いに来てくれていた人たちは、総じて、病人の私そっちのけで、夜景の美しさに見とれていたものであった。

 「何しに来たんだか」と、内心、ブツクサ言いながらも、私自身、夜空にそそり立つライトアップされたタワーは、毎晩眺めているのに、見飽きることはなかった。
 c0019055_1814519.jpg

 特に、夜中に、目覚めたとき、タワーの灯りを目にすると、ホッと安心もし、「頑張れよ」と、励まされているような、心強さを感じたものであった。

 ポツン、ポツンと、常夜灯だけが点された、薄暗い無人の廊下を、ガラガラ点滴の台を、引きずって、トイレに行くときの心細さ、侘しさが、どれだけ救われたことか。


 だから、いざ、退院と決まったとき、生きて再び、病院から、出られるのだという喜びと同時に、明日からは、もう、東京タワーを目にすることもないのだという、一種の寂しさをも感じたものであった。

c0019055_1650270.jpg


 そんなことを思い返しているうちに、電車は目的地に着き、地上に出て、東京タワーの雄姿を目にしたときは、「やあ、また会えたね」と、感無量であった。



c0019055_17145392.jpg
 増上寺境内をはじめ、東照宮や、東京プリンスホテル・パークタワー周辺の東京タワーを取り巻く一帯は、桜が見頃で、花壇には色とりどりの花が咲き乱れていた。
満開の桜の花を仰ぎ見ながら、そぞろ歩く人々の頭上には、春の陽が降り注ぎ、のどかな光景を繰り広げていた。





 c0019055_16574692.jpg
 無謀にも、出かける前は、桜入れ込みの、東京タワーの写真を、と考えていたのだが、333mの東京タワーと、桜では、高低差があり過ぎ、私のカメラの腕では、如何ともし難かった。




 半世紀近く、ラジオやテレビの電波を送り続けてきた、東京タワー。建設当初は、エッフェル塔を抜いて、世界一の高さを誇り、東京のシンボルとして、長く親しまれてきた東京タワー。c0019055_17194483.jpg





 だが、5年後には、墨田区に、610mの地上デジタル用の新タワーが完成予定とか。世代交代は、世の常とは言うものの、東京タワーの引退を、寂しく思うのは、私だけであろうか?

c0019055_1781422.jpg

[PR]
# by pooch_ai | 2006-04-10 16:08

やわらかき光の中に

 
c0019055_16542188.jpg
「やわらかき 光の中に輝ける 白木蓮の美しきかな」



 これは、昨年の夏、96歳でこの世を去った母が、その2年前に詠んだ歌である。



 新聞で、「江東区の汐浜運河沿いに、150本もの白木蓮が咲いている」との記事を目にしたとたん、この歌と、母の顔が浮んできて、鼻の奥が、ツンとなってしまった。

 
c0019055_17552071.jpg元気なら、連れて行って上げられるのに、と思ったら、どうしても、写真を撮って来て、見せて上げなければ、と、なにかに急き立てられるような思いで、デジカメ片手に、家を出たのであった。



 「汐風の散歩道」のネーミングも、魅力的な、運河の遊歩道は、道路よりも、一段低い位置に作られていた。  
橋の袂から、木の階段を降りて行くと、真っ白な花をつけた白木蓮の並木が、目に飛び込んできた。
c0019055_16564369.jpg


 一寸、時期が遅めだったようで、花弁のふちが、茶色くなっているものもあったが、全長約1200mにも及ぶという白木蓮の並木は、一見の価値ある光景であった。

 
c0019055_17131452.jpg
風に揺れる白木蓮の花を見上げながら、母もきっと「素晴らしいわね」と、感嘆の声を上げただろうな、と思ったら、木蓮の花にオーバーラップして、母の微笑んでいる顔が、見えるような気がした。



 母が、短歌を作り始めたのは、94歳になってからのことであった。



c0019055_1741841.jpg年老いてからは、読書と、変わり連鶴の折り紙が二大趣味であった母は、94歳の誕生日を迎えた直後、突然、手足の自由が効かなくなってしまった。




 車椅子生活を余儀なくされたうえ、折り紙はおろか、本のページがめくれず、好きな本を読むこともできなくなってしまったのだった。

 週3日、デイサービスに通い始めると、それまでの楽しみに代わるものとして、クロスワードパズルに熱中し始めた。
また、そこで、短歌をなさる方と出会い、自分もやってみる気になったのだそうだ。
c0019055_1891699.jpg

 土浦の姉夫婦と暮らしていた母は、元気だった頃は、東京へ出て来ては、私の家に、1~2ヵ月ずつ滞在していくのを楽しみにしていた。



 c0019055_17283659.jpg
 だが、足が不自由になってからは、私の方が、会いに行くようになり、おしゃべりをしたり、クロスワードパズルの答えや、頭の中に、作り置きしてあった歌を、口述筆記で、私が、ノートに書き取ったりして、一緒の時間を過ごしたのだった。



 そんな風にして、書き取ったうちの一首が、前述の白木蓮の歌であり、私にとって、忘れられない母との思い出につながっている歌なのである。



c0019055_17392256.jpg私は、短歌には、全くの不案内で、どの程度のものかはわからなかったが、歌の巧拙などは、問題ではなかった。
どんな事態に陥っても、決して諦めたり、投げやりになったりせず、あれがダメなら、これ、と、常に、前向きに取り組んでいく姿勢には、頭が下がった。



 到底、私には、母を超えることはできないと思っているし、今もって、母は、私の誇りである。
c0019055_17431893.jpg

[PR]
# by pooch_ai | 2006-04-01 16:57

続・春のプレリュード

 
 <カタクリの花を訪ねて>

c0019055_21204154.jpg 
 前夜、TVのニュースで、「カタクリの花」が咲き始めた、と取り上げていたのを見て、たまらなく会いに行きたくなった。




 もう、大分前だが、「カタクリの花」がクローズアップされた一時期があった。
新聞、雑誌、TVなどのメディアが、盛んに取り上げ、「カタクリの花」を見に行くツアーが、組まれたりもして、写真では、何度か見たことはあったが、実物とのご対面は、これが始めて。


 太陽が出ているのに、天気予報では、「夕方から激しい雨」とのこと。早めに家を出て、「殿ヶ谷戸庭園」へと向かった。


c0019055_10554346.jpg
 ここは、以前、紅葉の時期に、訪れたことがあり、blogでも紹介しているが、丁度、梅が見ごろを迎えており、もみじの秋とは、また違った趣があった。


 

 ただ、庭園内に、人影がまばらなのは、あのときと変らず、湯島天神の喧騒とは、大違い。静かに花をめでながら、のんびり散策できるのは、とても心地よかった。

 
c0019055_1135231.jpg
傾斜地の花木園をはじめ、何ヶ所かで、紅梅、白梅、ピンク色の梅が、今、まさに、シーズン真っ盛りで、見る人の目を楽しませてくれていた。





 管理事務所付近で、鮮やかな紅梅に、目を奪われ、続けざまにシャッターを切ったが、よく見ると、最初、てっきり紅梅だと思いこんでいたのが、緋寒桜だったのは、嬉しい誤算で、カメラに収められたのは、予期せぬ収穫であった。

c0019055_0294653.jpg


 「竹の小径」の先の、人が群がっている一角が、お目当ての「カタクリの花」では、と思い、近寄ってみたら、大正解であった。


 c0019055_21535651.jpg
 派手さはないが、ひっそりと咲いた、薄紫の「カタクリの花」たちに、心惹かれ、「始めまして」と、無言の挨拶を送りながら、カメラを向けたが、その慎ましやかな様子に、好感度アップ。因みに、花言葉は「初恋」とか。




 入り口の掲示板にも、「カタクリの花が咲きました」と、お知らせが出ていたが、やはり、前夜のTVで見て、訪れたと言う、熟年男女が、カメラを構えて、花の前に、陣取る姿が目だった。

    

 c0019055_23175568.jpg
 殿ヶ谷戸庭園には、むかし武蔵野に自生していた野草が、数多く見られるということだが、この他にも、シュンランや、しょうじょうばかま、アセビ、れんぎょう、おうばい、福寿草、ぼけ、ひゅうがみずき、等々の花々が、春の前奏曲を奏でており、見上げた桃の枝では、可憐なつぼみが、ほころびはじめていた。


 茶室・「紅葉亭」の近くでは、梅の花の前に、カメラの三脚を据え、老人グループが、タバコをくゆらしながら、談笑していた。


 c0019055_2263714.jpg
そのすぐ横では、黄色の小さな花をつけた「ひゅうがみずき」の前に、幼い女の子がしゃがみこみ、若いお母さんが、「ほら、全部、下を向いて咲いていて、可愛いでしょう」と、指差しながら、話しかけていた。




 花を眺めていると、誰しも、心が癒され、幸せな気分になれるものだが、ここ、殿ヶ谷戸庭園には、あわただしい都会暮らしから、失われがちな、ゆるゆるとした“ 優しい時間”が、流れているようであった。


c0019055_22491914.jpg
東風吹かば・・・、水面を吹き渡る風が、梅の香りを運んでくると、水温む季節の到来。次郎弁天池では、鯉の群れが、元気に泳ぎ回っていた。



 万物が、イキイキと活動を開始する春は、新たなる挑戦と、出発のときでもあるが、パラリンピックでの日本選手たちの活躍ぶりには、胸が熱くなった。
冬季五輪で、惨敗を喫しているだけに、さまざまな障害を抱えながらも、果敢にアタックして、素晴らしい結果を出した彼等に、心から拍手を送りたい。


c0019055_22544384.jpgそして、もうひとつ、嬉しかったのは、あの「勝浦のひなまつり」を、案内してくれた、メル友でもあるスマイルちゃんが、何度かメールをやりとりした末、目出度く、blogデビューを、果たせたことである。


URLは、個々にお知らせしますので、よろしく、お引き立てのほど、お願い申し上げます。

c0019055_22561933.jpg

[PR]
# by pooch_ai | 2006-03-18 21:21

  春のプレリュード


c0019055_1553026.jpg  啓蟄を過ぎて、春一番も吹き、駆け足で春が、近づきつつあるようだ。
 
 例年になく、冬の寒さが厳しかっただけに、やはり“春”の兆しが、感じられると、心がときめいてくる。



 暖かい日は、花粉地獄でもあり、今年は春の来るのが、うれしいような、うれしくないような、と思っていたのだったが。



 家の近くを歩いていても、あちこちで、遅れていた梅の開花が、見られるようになったので、友人と誘い合わせて、湯島天神へ出かけてみた。


 c0019055_16225366.jpg

青空を背景に、周りに香気を漂わせている、白梅の凛とした美しさに見とれながら、女坂のゆるい階段を上って行ったら、境内は、観梅に訪れた老若男女の群れで、大混雑だった。 





 「梅は、桜よりも地味だから」の友人の言葉に、うなずきながら、人々の後について、五分咲きの、紅梅や白梅を見て歩くうち、突然、私の足は、釘付けになった。


流れるように垂れ下がった、無数の細い枝に、びっしりと薄紅色の花をつけた “しだれ梅”に、目を奪われ、他人に背中を押されながらも、その美しさに、しばし見惚れてしまったのだった。
c0019055_15311237.jpg


 そこだけポッと明るくなったように、際立って見えるのは、文字通り、華のある風情で、見ているこちらまで、気持ちが華やいでくるようであった。

これまでは、湯島と聞くと、「湯島の白梅」という言葉が、自然に、浮んできたものだが、これからは、きっと、“しだれ梅”を連想するだろうな、と、思った。


c0019055_15411213.jpg
 境内の片隅で、「婦系図」献木の立て札を見かけたときは、その昔、天神下から上野池之端へかけての一帯は、花街だったのだなと、一瞬、泉鏡花の、お蔦、主税の悲恋物語に、思いを馳せたのであった。



 でも、今の若い人たちには、お蔦、主税も、貫一、お宮も、ピンとこないだろうな、電車男と、エルメスじゃなきゃ、と思ったら、なんだかおかしくなって、笑いを押さえるのに、一苦労した。

c0019055_1632523.jpg


 天神様からの帰り道、立ち寄ったスーパーの、野菜売り場に、「ふきのとう」が並んでいて、「ああ、今年も、そんな季節に」と、思ったら、母の顔が浮んできて、胸がチクリと痛んだ。

以前、PCクラブニュースに、「ふきのとう」という散文を載せたことがあるので、ご記憶の方も、いらっしゃるかも知れないが、あれは、一昨年の、丁度、今ごろのことであった。
c0019055_15563976.jpg
深刻な病状が続いていた、入院中の母が、突然、「ふきみそ」が食べたいと言い出したので、作って持って行ったところ、喜んで食べてくれた。

数日前から、殆ど、食事は口にせず、点滴だけの日が続いていたため、なんとか、少しでも食べられるようにと、母の好物を、あれこれ持参して、心を砕いていただけに、まさに、「ふきみそ」さまさまであった。


c0019055_1745749.jpgそんなとき、テレビに出ていた俳優が、郡上の山小屋に行ったとき、山菜採りをしたが、「ふきのとう」などは、東京で買って食べるのとは、味も香りも全然違う、と話しているのを聞き、やはり山菜は、自生のものこそが、本来の味なのだなと思った。


 来年は、早春の山野を歩いて、自生の「ふきのとう」を摘んでこよう。そして、香り高い本物の“ふきみそ”を作って、母に食べさせてあげよう、と、心に誓ったのだったが、それも果たせぬまま、母は、旅立ってしまったのだった。


 そんなことを、思い返しながら、帰るとすぐ、「ふきみそ」を作って、お供えし、 私も、夕飯のとき、お相伴にあずかったが、ふきのとうのほろ苦さが、口いっぱいに広がって、春の息吹が感じられた気がしたのだった。
c0019055_1685230.jpg

[PR]
# by pooch_ai | 2006-03-13 15:07


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧