独り言


とりとめのないつぶやき
by pooch_ai
以前の記事
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
more...

気分はアリエッティ



  ~夢見心地で、巨大なセットをさ迷う~



 スタジオジブリ制作の映画「借りぐらしのアリエッテイ」を観た後、東京都現代美術館で開催されている「借りぐらしのアリエッテイ×種田陽平展」を観に行って来た。


c0019055_1623793.jpg

c0019055_15451812.jpg

c0019055_16379.jpg








 映画は、床下に住む小人の少女アリエッティと、その家の住人である病身の少年とのつかの間の交流を描いたアニメだが、連日の猛暑に、干からびてしまっていたような心を優しく潤し、リフレッシュしてくれた後味爽やかな作品であった。

c0019055_16163391.jpg



 人間に見られてはいけない、見つかったら他所へ引っ越さなければいけない小人たち、住むところをはじめ、生活に必要なものを、人間の家から借りてきて、ひっそりと、つましく生きている一家の暮らしは、穏やかで、平和そのものだった。

 c0019055_16204941.jpg

 それが、少年に見つかったことで、その静かな生活に、波紋が広がってくるのだが・・・。それは、これから映画を観る方の興をそぐことになるので。






 今回、監督に抜擢された米林宏昌は、世界的なアニメーターで、これまでのジブリの作品の殆どに携わってきたそうで、アリエッティのキャラを決定するまで、さまざまなタイプの女の子の下絵を描き、絞り込んだとのことだが、アリエッティは、きりりとしていて、愛らしく、大きな目が印象的だった。


c0019055_16242328.jpg



 とりわけ素晴らしかったのが、ターシャ・デューダの住まいを連想させるような、建物や庭の風景の美しさと、小人の目線で描かれている、人間の家の、度肝を抜かれるような巨大な釘の頭とか、砂糖つぼや一抱えもある角砂糖、家具や食器類など、そして、それとは対照的な小ぢんまりとした、居心地のよさそうな小人たちの居間や、キッチンの調理道具など、画面が、リアルなのにファンタスティックな感じで、不思議な魅力に溢れていたことだった。


c0019055_1629845.jpg

c0019055_1631732.jpg












 このアニメ映画の世界を、映画美術監督の種田陽平が、現実のセットに作り上げ、東京都現代美術館で展示していると知り、「これは見逃すわけには行かない」と、期待に胸をはずませながら、展覧会場へと向かったのだった。



c0019055_1638152.jpg



c0019055_16383182.jpg














 展示室へは、映画の中で、アリエッティが出入りしていたように、通気口を潜り抜けて入る仕組みになっていたが、一歩足を踏み入れたとたん、自分も小人たちの仲間になった気分で、物語の世界にどっぷり浸かってしまったのだった。

c0019055_1646311.jpg




 アリエッティのベッドルームや父親の仕事部屋をのぞいたり、背丈を越えるような植物が生い茂る庭の巨大なセットで、頭上に覆いかぶさる草の葉に宿った、大きな水滴を見上げたり、どきどき、わくわくしながら迷路のような通路をさ迷っていると、不思議の国に迷い込んだアリスにでもなったようで、今、自分のいる場所や時間を忘れてしまいそうだった。



c0019055_16501744.jpg 「アニメでも、実写映画でも、美術の作った世界は、あくまでもスクリーン上で登場人物たちと共にあり、お客さんに観られることで完結する。しかし、今回の展覧会では、スタジオジブリが創造した世界を、スクリーンから引き出し、実写美術の技術で建ち上げて、美術館を訪れた人に、実在の空間に迷い込み、浸ってもらうことができる」と、種田陽平は言っているが、まさに、「バーチャルな世界ではなく、実在する空間」を、存分に楽しめるスリリングな体験であった。




  種田陽平は、映画「フラガール」や、「THE 有頂天ホテル」、「ザ・マジックアワー」、「スワロウテイル」、「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ」等々、数々の話題作で、独自の世界を創り続けていると定評のある映画美術監督だが、今回の展覧会では、巨大なセットの他、彼が過去に手がけた作品の写真や模型なども展示されており、「現実と虚構を融合する」映画美術というものの素晴らしさを改めて、思い知らされた気がした。

c0019055_16593154.jpg


c0019055_176051.jpg











 宮崎駿曰く、「美術が映画の品格を決める」のだそうだが、深津絵里がモントリオール世界映画祭で、最優秀女優賞を受賞した映画「悪人」でも、種田陽平が美術監督を務めているので、映画を観に行ったら、新境地を開いたという彼女の演技共々、背景にもよく注意して観る事にしよう、と楽しみにしている。


c0019055_172041.jpg


 
[PR]
# by pooch_ai | 2010-09-16 17:08

炎暑を乗り切れ


~マイブーム・2010年夏~



 向島百花園の入り口を入ると、すぐ左手に売店があり、その向かいが“つる物野菜類の棚”になっていて、オレンジ色のゴーヤーに似た「つるれいし」が、棚からぶら下っているのが、目に飛び込んで来た。

c0019055_15212321.jpg


 8月も末というのに、猛烈な暑さは一向に衰える気配もないが、今年の夏は、異常な暑さのせいで、毎年使っていた化粧水が、妙にベタついて感じられ、ドラッグストアで見つけた、薄緑色のボトルに入った“ヘチマの化粧水”を買い求めてきたのだが、これが結構気に入って、以来、愛用している。



c0019055_15255335.jpg 
 最近は、エコブームで、朝顔やヘチマなどを壁に這わせる“グリーンカーテン”が盛んなようだが、新聞の「天声人語」で、「ヒョウタンが、ネットを這って窓を覆っているが、ハート形の葉が重なって日差しを和らげてくれ、浅緑色の実がぶら下り、グラマーな曲線美に気分もなごむ・・・」とあるのを読んでいたら、以前、向島百花園で、ヒョウタンを見たことを思い出し、来てみたのだった。

c0019055_1533697.jpg









 残念ながら、お目当てのヒョウタンは見られず、まだ、緑色のカボチャ(観賞用の飾りカボチャとのこと)と、その名の通り、蛇に似た形の、細長くて、先のくねったヘビウリが、数本、上からぶら下っていたが、猛暑の影響か、いずれも精彩を欠いている感じがした。

c0019055_153742100.jpg


c0019055_15392092.jpg












 また、すぐ横に咲いていたノウゼンカズラも、例年の鮮やかなオレンジ色に比べると、色褪せていて、かなり見劣りがしたが、この炎天下では、懸命に花を咲かせても、すぐ枯れてしまうだろうと、可哀想な気がした。


c0019055_1558177.jpg





c0019055_1554972.jpg




c0019055_15544887.jpg









 生憎この日、園内では、庭木の植え替えか、虫聞きの会などの行事を前に、、なにかの工事が行われていたようで、通路の先々が立ち入り禁止になっていた。



c0019055_16214574.jpg



c0019055_16221041.jpg










 花の数も少なく、わずかに、ムクゲにフヨウ、サルスベリの写真が撮れた程度であったが、それでも、秋の七草である、オミナエシやキキョウが咲き始めていて、季節の移ろいを告げているようであった。



c0019055_16185037.jpg



c0019055_16561382.jpg











 この日は、少し暑さがゆるんだようなので出かけてみる気になったのだが、それでも最高気温は33度あったとのこと。35度もの日が続いた後では、33度でも、「いくらか楽」に感じられるから、慣れというのは恐ろしいもの、などと思っていたら、電子レンジがチンと、料理の仕上がりを知らせてくれたのだった。

c0019055_164122100.jpg
 


 ヘチマの化粧水と並んで、この夏重宝しているのが、ルクエのスチームケース。野菜と肉や魚などをシリコン製のこの容器に入れ、レンジでチンするだけで、簡単にヘルシーな蒸し料理ができるから、暑いのに、火を使わなくて済むし、魚の酒蒸しなどは、身がふっくら仕上がるところも気に入っている。このスチーム容器は、今年のヒット商品とかで、主婦の間では、大変な人気と言われているが、付録のレシピ本を見ると、パンやケーキ類も焼けるし、幅広い料理が楽しめそうなので、色々挑戦してみようと思っている。


c0019055_1703721.jpg




 
[PR]
# by pooch_ai | 2010-08-29 17:03

夏本番




 猛暑お見舞い申し上げます。


c0019055_11164639.jpg

      すさまじい暑さが続いておりますので、
       
          皆々様、お体くれぐれもお大事に。




<2台めのカメラ>


 5倍ズーム、1400万画素の格安のカメラを見つけたので、購入。早速、試し撮りに出かけてみた。

 カメラ初心者の私には、一眼デジカメは、まだ無理だが、手持ちのカメラは、480万画素、最高3倍ズームという古い機種のため、遠くの被写体を撮るのが難しく、せめて、もう少しズーム倍率の高いカメラが欲しいと思っていたところだったから。

  
   
 新しいカメラは、ポケットティッシュより一回り小さく、厚さ1センチ程度。文字通りのコンパクト・デジカメで、ポケットに入れて持ち歩くには便利だし、チビなのに、機能満載。
と、“いいこと尽くめ”のようだが、機能が多すぎて、設定を覚えるのに、四苦八苦。「手振れ補正」機能はあるものの、余りに軽すぎるため、ぶれてしまいがち。と、使いこなせるようになるまでには、まだ、しばらく時間がかかりそうだが、2台のカメラを、うまく使い分けていこうと思っている。
[PR]
# by pooch_ai | 2010-07-22 11:44

紫陽花の季節に





~カタツムリとコンサート~


c0019055_11194510.jpg




 梅雨の季節に、雨上がりの散歩道で目にする光景。露を宿したアジサイは、ため息が出るほど美しいけれど、葉の上を這う“カタツムリ“も、いかにも、この時期らしい、風情が感じられるので、私は好きだ。




 
c0019055_11341170.jpg
 だが、飛鳥山で見たのは、カタツムリはカタツムリでも、“アスカルゴ”の愛称を持つ大きなカタツムリ=モノレールであった。
 形がカタツムリ(エスカルゴ)に似ているのと、アスカヤマをかけて、アスカルゴと、命名されたのだとか。






 去年、“飛鳥の小径”のアジサイを撮りに訪れたときは、まだ工事中で、シートに覆われていたのだが、その後間もなく完成したと聞き、1度乗ってみたいと思いながら、なかなか機会がなかった。
桜の季節に、面影橋へ行く途中、都電の中から、ちらと見かけて心惹かれながらも、飛鳥山の花見の大混雑を思うと、途中下車する気にはなれなかったのだった。


c0019055_1140656.jpg


c0019055_11403749.jpg










 それが、体操教室で親しくなったデジカメ一眼の達人と一緒に、アジサイの撮影に行くことになり、念願のモノレールに乗車初体験をすることができたのだった。
乗り合わせた中年男性によると、「世界最短のモノレールで、山頂までたったの2分」とのことであったが、本当に、あっという間に到着してしまった。


c0019055_1144462.jpg



 後で、モノレールの中から撮った写真を見ると、かなりの傾斜があるのに、カタツムリよろしく、運行は、ゆったり。まだ、新しいから、車両もきれいで、乗り心地は、上々。運賃は無料だし、エレベーターと同じで、「利用者がいれば動く」との、優しい配慮で、結構楽しい飛鳥山登頂?であった。

c0019055_11473917.jpg

c0019055_11481470.jpg

c0019055_11484546.jpg









 「飛鳥の小径」のアジサイは、初めて見たときほどの感動はなかったものの、何度見ても、やはり見事で、夢中でシャッターを押し続けたが、特に、造形の妙というか、口では表現できないような、微妙な花の色合いには、シャッターを切るのも忘れて、しばし見とれてしまったのだった。


c0019055_1223063.jpg






c0019055_122592.jpg











 中一日おいて、東フィルのコンサートに、文京シビックホールへ行って来た。「響きの森―クラシック・シリーズ」と題されたコンサートは、年4回行われているが、今回は、ソリストに、クラシック・サクソフォンの須川展也を迎え、サクソフォンとオーケストラのアリア集というプログラムが魅力で、久しぶりのコンサートでもあり、家を出るときから、期待に胸が高鳴っていた。


c0019055_12171256.jpg




 プログラムのトップは、ショスタコーヴィチの「祝典序曲」。高らかなトランペットのファンファーレで、演奏は開始された。外は、梅雨どき特有の蒸し暑く、不快な天候であったが、ほどよく冷房の効いたホール内に響き渡る、明るく、軽快な音楽に身をゆだねていると、気分がスカッとした。



c0019055_1222427.jpg  
 
 次が、カッチーニの「アヴェ・マリア」で、いよいよ、須川展也が登場。カッチーニは、オペラ創始者の一人として、音楽史に名を残すイタリア・バロック初期の音楽家で、哀愁を帯びたメロディが絶品とか。





 今回は、朝川朋之の編曲で、アルト・サックスのソロに、寄り添うハープと、柔らかな弦楽合奏のみが加わる形で書かれているそうだが、無伴奏ソロで始まったサクソフォンの音色の美しさには、うっとり。


c0019055_12331057.jpg




 続く、歌劇「トゥーランドット」から“誰も寝てはならぬ”は、フィギュア・スケートの金メダリスト・荒川静香が用いて、イナバウアーと共に、広く知れ渡った曲だが、オリジナル通りのオーケストラの伴奏に乗って、陶酔的に歌い上げるアルト・サックスに、聴衆は魅了されたのだった。



c0019055_1242987.jpg 

 サクソフォンの音色に耳を傾けていると、氷上を舞う、荒川静香の華麗な滑りと、それにダブって、あの飛鳥の小径で、出会った、色とりどりのアジサイの花々が、脳裏に浮かんでは消えていったのだった。



 次の、スロヴァキアン・ラプソディの後、休憩を挟んで、プログラムは、終盤のチャイコフスキーの交響曲第5番へと進み、心なしか会場内にも、期待に満ちた緊張感が漂う中、指揮者の藤岡幸夫が登場。第5番は、チャイコフスキーの三大交響曲のひとつで、シリアスさ、甘美さ、力感、情熱・・・など、この作曲家の魅力を満載した傑作として、絶大な人気を誇っているが、一般的には、「運命」がテーマと解釈されているのだそうだ。

c0019055_13311741.jpg



 第1楽章冒頭のメロディは、「運命主題」と呼ばれており、運命主題が各楽章のどこかに必ず登場する「循環形式」をとっているのが特徴だが、暗い運命主題が、終楽章では、勝利の凱歌で集結する点に、人生への前向きな意欲をうかがわせてもいるとのこと。凱旋行進曲のようなフィナーレは、まさに、圧巻だった。

c0019055_13414866.jpg





c0019055_13421764.jpg


 









 あのとき、コンサートホールで、指揮者とソロ奏者と、オーケストラと、そして、聴衆とが一体となって、分かち合った感動。私は、特にクラシック音楽に詳しいわけではなく、ミーハー的な、いわゆるカジュアル・クラシックファンだが、日常生活を離れ、音楽の世界に浸っている時間は、まさに「至福のとき」という感じであった。




c0019055_13475687.jpg




*写真をクリック→左上に出た小窓を最大化すれば、写真を拡大してご覧いただけます。
[PR]
# by pooch_ai | 2010-07-04 13:51

鬱陶しい季節だから



~心に残るチョッコシいい話~



<その1・ホタルブクロのような>


c0019055_20343950.jpg
 夕方、買い物に出たとき、少し遠いが、菖蒲沼公園に立ち寄りがてら、その近くにあるスーパーへ行ってみることにした。そろそろ、花菖蒲が見ごろを迎えた頃だと思ったので。





 途中、小さな公園を抜けて行ったら、花壇に、タチアオイやバラ、チェリーセージなどの花が咲いていたが、ホタルブクロの花を目にしたとたん、前の晩に観たTVのクイズ番組に出演していた「ゲゲゲの女房」の原作者である武良布枝さんのことを思い出した。


c0019055_2040662.jpg



 ドラマが始まる前、水木しげる夫妻のことを取り上げたドキュメンタリー番組の中で、「編集者からは、グロテスクのなんのと言われ、赤ちゃんのミルクも買えないような貧しい暮らしでしたが、この人には、他の人にはない何かがある、と、信じていました」と言っていたのを聞き、布枝さんのことを、なかなか素敵な女性だなと思ったのだが、この番組を観て、彼女のことが、もっと好きになった。 


c0019055_20452467.jpg


c0019055_20525711.jpg










 ドラマの中でも、電気代が払えず、電気を止められてしまい、ローソクの灯りで、生活しながらも、夜、部屋の空気を入れ替えようと、窓を開けた布美枝が、星の美しさに見とれて、「時には電気を消すのもいいですね」と言っているシーンがあったが、売れない時代の二人の生活は、まさに、「貧しく、清く、美しく」という感じで、心を打たれることが少なくない。



c0019055_2056329.jpg 
 水木氏が講談社児童漫画賞を受賞したときのことを、「受賞は、当然のことで、“来るべきときが来た”と思いましたね」と、きっぱり言い切っていたのに(クイズの問題でもあったが、片腕のない氏に)、授賞式の朝、結婚以来初めて、ネクタイを結んであげた、というエピソードを披露したときは、暖かく包み込むような、慎ましやかな微笑を浮かべていたのが、好ましかった。




 また、この夜の彼女は、胸に、イタリア旅行をしたとき、水木氏が買ってくれたのだという、カメオのペンダントを下げていたが、その話をしたときの、はにかんだような様子は、まるで、10代の少女のように、初々しく、とてもチャーミングであった。


c0019055_2161049.jpg



 派手さはないが、薄紫色のホタルブクロの慎ましやかで、清楚な感じ。悲しいこと、辛いことがあったとき、両腕の中に抱え込んで、暖かく包み込んでくれるような花の感じは、布枝さんのイメージにぴったりだな、と思ったら、ホタル袋の花が、以前よりも好きになったのだった。


c0019055_21181924.jpg

 菖蒲沼公園に着いたら、予想通り、花菖蒲が咲き揃っていて、大勢の人々が、菖蒲田の中に設けられた木製の通路を廻りながら、花を眺めたり、デジカメやケータイで写真を撮っている姿が見られた。


c0019055_2133147.jpg



c0019055_21332766.jpg












c0019055_21391395.gif


<その2・春風のような> 


 チョッコシいい話といえば、もうひとつ、98歳にして、現役で、「一枚のハガキ」という映画の脚本を書き上げ、目下、撮影に取り組んでいる新藤兼人監督と、お孫さんの風さんのことを取り上げた新聞記事を読んで、胸が熱くなった。


c0019055_21403540.jpg



 
 風(かぜ)という名は、監督が名づけ親だそうだが、2人で暮らし始めて4年。日々の暮らしの世話から、原稿のチェック、寝る前の筋肉トレーニング、もちろん、撮影にも付き添う。文字通り、常に、風のように寄り添って、生きているのだそうだ。

 c0019055_21463498.jpg

 1950年に独立プロを起こし、以来60年、貧乏しながらも、映画を作り続けてきた新藤監督は、「映画への情熱を頼りに生きてきた。映画をやっている人は、一生をかけるような気持ちがある。こんなに年をとっても、やっぱり映画をやりたい、シナリオを書きたいと思っている」と話している。




 「花は散れども」という映画の撮影のときも、風さんが、車椅子を押し、歩くときは体を支えていたが、途中で、熱を出し、医者に行くのを嫌がる監督と喧嘩になり、風さんが泣いて説得したこともあった。幸い、2週間余りで熱が下がり、撮影が終了したときは、スタッフ全員が泣いて笑った。そして、完成した映画のエンドロールには、「監督健康管理」の肩書きで、新藤風の名も加えられていたとか。

c0019055_215342.jpg


c0019055_2158251.jpg












 新藤家の食卓の横には、いつも原稿用紙が置いてあり、監督は、一昨年も、去年も、風さんの誕生日に、自作のシナリオをプレゼントしてくれたのだそうだ。風さんも映画監督をされているとのことだから、いつか、新藤兼人脚本、新藤風監督の映画が観られるかも知れない。


c0019055_2282661.jpg 

 年老いて尚、映画への情熱を燃やし続けている新藤監督と、その彼に、そっと寄り添い、支えている、暖かで、優しい春風のような、「ふうちゃん」こと、風さん。







 梅雨の季節に入ったけれど、撮影は、順調に進んでいるかしら・・・。
鬱陶しいお天気が続く中、お二人のことを考えると、一瞬、爽やかな風が吹き抜けていったような、ちょっぴり幸せな気分になったのだった。


c0019055_22104741.jpg






*写真をクリック→左上に出た小窓を最大化すれば、写真を拡大してご覧いただけます。
[PR]
# by pooch_ai | 2010-06-14 22:12

初夏のアンジェ

~ジャーマンアイリスに心を奪われて~



 久しぶりに訪れたアンジェは、モネの池にスイレンやキショウブガ花開き、池を縁取るように純白のヤブデマリとヒメウツギが咲いていて、すっかり初夏の様相を呈していた。
 
c0019055_17132659.jpg


 だが、この日、主役の座を争っていたのは、ジャーマンアイリスとバラで、人気を二分していた。

c0019055_175343.jpg


 私の心を捉えたのは、ジャーマンアイリスだったけれど・・・。

c0019055_174568.jpg





















 特に、薄紫系の花が一番好き!花の形は、花菖蒲に似ているけれど、薄紙のような花びらが、はかなげで、なぜか心惹かれるのだ。

c0019055_176470.jpg


 ローズガーデンへ向かう途中で、珍しい白い花を見つけて、何?と、思ったら「ナンジャモンジャ」の花であった。名前は、よく耳にしていたけれど、花を見たのは初めて。

c0019055_17301327.jpg



 もう、何度も見ているせいか、最近はバラが咲き誇っているのを見ても、あまり、感動しなくなってしまった。バラさん、ゴメン!

c0019055_17341069.jpg


 バラの名前に、プリンセスや外国の女優の名前は多いけれど、日本の女優の名が少ないのは、バラのイメージが、バタくさいからなのかしら?

c0019055_17394885.jpg


 バラで好きなのは、黄色糸か白。もっとも、白い花は何でも好きだけれど

c0019055_17414686.jpg


 ローズガーデンの隣では、セイヨウミザクラの木に、赤く色づきかけた実がびっしりなっていた。

c0019055_174847100.jpg



 
[PR]
# by pooch_ai | 2010-05-29 18:12


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧