独り言


とりとめのないつぶやき
by pooch_ai
以前の記事
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
more...

一寸寄り道

前回UPした「町田ぼたん園」へ行く途中に、「町田リス園」と「薬師池公園」があったので、行きがけに一寸立ち寄ってみた。


c0019055_1718188.jpg
 

     ~チビッ子たちの人気者?~







 町田リス園では、約150匹のタイワンリスが放し飼いにされている。



c0019055_17204434.jpg








c0019055_17231234.jpg












 防護用手袋の上に、えさであるひまわりの種をのせて、リスたちに食べさせることができるが、えさを食べる仕草が可愛らしく、リスとのふれあいが楽しめるのが、子どもたちの人気を呼んでいるようだ。

c0019055_17251842.jpg




 だが、放し飼いにされているリスたちの行動は、思ったよりもはるかにすばしっこく、ちょろ、ちょろ、ちょろ、ちょろ、巣箱から、出たり入ったり、目まぐるしく放餌場の中を走り回っていて、カメラに捉えるのが難しかった。


c0019055_1727521.jpg



c0019055_1730533.jpg




c0019055_173046100.jpg







 走り回ったり、手すりや切り株などに乗っている、その姿は、リスというよりも、ねずみか、いたちみたいでおかしかったが、写真で見ると、目が光っているリスもいて、それは、明らかに獣という感じがした。


c0019055_17361952.jpg




 放し飼いのタイワンリスの他、檻の中で飼われているエゾリスや、ウリ坊のようなシマリス、キタキツネを思わせるキタリスなどもいたが、金網越しに見る彼らは、一様に大人しく、どこか悲しげだったのは、思い過ごしであろうか?


c0019055_17451052.jpg



c0019055_17454391.jpg













c0019055_17542451.gif







c0019055_17593394.jpg


~水と緑の憩いのスポット~









 リス園の向かい側にある「薬師池公園」は、1982年に「新東京百景」、1998年には「東京都指定名勝」に指定され、さらに、2007年には「日本の歴史公園100選」に選定された町田市を代表する公園とのこと。


c0019055_18101299.jpg






 新緑がまぶしい公園の中心部には、満々と水をたたえた大きな池があった。



c0019055_18273121.jpg





c0019055_18371648.jpg












 橋を渡り、池を廻って、そぞろ歩いていると、水鳥の泳ぐ姿も見られ、疲れが癒されるようであった。

c0019055_1841840.jpg





c0019055_18415113.jpg











 橋を渡ると、大きな藤棚があり、花には少し早すぎたが、その下に設けられたベンチでは、大勢のお年寄りが、池と藤の花を眺めながら、ひと休みしていた。
 今回は、下見のつもりで、一寸立ち寄っただけであったが、ここでは、梅、椿、桜、花菖蒲、大賀ハス、紅葉など、四季折々の彩が目を楽しませてくれるそうだし、江戸時代の古民家や、水車小屋などもあるそうだから、次回は、もっとゆっくり来てみようと思ったのだった。



c0019055_1911541.jpg

[PR]
# by pooch_ai | 2010-05-19 19:03

気分も爽快


~大輪の牡丹と、風をはらんだ鯉のぼり~



c0019055_1135893.jpg



 やっと気温も平年並みに戻り、アウトドアには快適のシーズン。爽やかな風に誘われて、「町田ぼたん園」に行って来た。


c0019055_1058274.jpg
















c0019055_114552.jpg




 











 ぼたん園は、鎌倉街道をそれて、坂道をかなり上った高台にあるので、「まだ、先なの?」と、フウ、フウ、息を切らしながら、辿り着いたのだが、苦あれば楽あり、

c0019055_11355588.jpg














 広々とした園内には、艶やかな牡丹が、今を盛りと咲き誇り、「いこいの広場」と名づけられた芝生の広場では、藤棚を見下ろす上空に、風を腹いっぱいにはらんで、勢いよく泳ぐ鯉のぼりが眺められ、疲れも吹き飛んでしまった。 


c0019055_113129100.jpg




 ゴールデンウイーク直前だったので、園内はそれほど混み合ってもいなかったから、のんびり散策を楽しみながら、満開の牡丹や、可憐な花を、ゆっくり鑑賞することが出来た。


c0019055_11565113.jpg















 牡丹の他、石楠花や、しゃが、鯛釣り草なども咲いていたし、緑が目に爽やかで、心身がリフレッシュされた気がした。

c0019055_11574436.jpg

















 葉が牡丹に似ている「鯛釣り草」のネーミングは、花穂を鯛を釣竿で釣り上げた形に見立てて、のこととか。


c0019055_11592767.jpg
















 帰り道は、下り坂でもあり、花の精たちが元気を授けてくれたのか、足取りも軽く、鼻歌を口ずさみながら、あっという間にバス停に着き、タイミングよく、来合わせたバスに乗ることが出来て、まさに、花まるの一日であった。



c0019055_12285885.jpg




    *MOREをクリックすれば、残りの写真をデジブックでご覧いただけます。

More デジブックも見てね
[PR]
# by pooch_ai | 2010-05-03 12:32

デジブック・お花見編


~都電にゆられて、面影橋へ~



池上本門寺へ「五重塔と桜」の写真を撮りに行ったら、今年のお花見の場所にと、心に決めていたもう一ヶ所の「面影橋」へも行ってみたくなった。
 去年、「面影橋の桜もいい」と、何かの記事で読み、「なんてロマンティックな!」と、その名前に、強く惹かれていたので・・・。







 川面を覆うように、両側から伸びた枝にびっしりと咲き誇っている桜、風に舞い落ちる花びら。その桜の背後に見える路面電車・・・。
 面影橋でのお花見は、期待をはるかに上回っていた。あまり知られていないせいで、目黒川のような混雑もなく、静かに遊歩道をそぞろ歩く人たちも、おだやかな微笑を浮かべていた。

 真っ白なオオシマザクラ、流れる落ちるような枝垂桜、ぼってりとした厚化粧の女性を思わせる八重桜、黄緑色の御衣黄・・・、など、桜にも、色々あるが、私は、ソメイヨシノが一番好きだ。はかなげなのに、妖艶、パッと咲いて、パッと散る、その潔さも、気に入っている。
[PR]
# by pooch_ai | 2010-04-22 11:40

絶景かな!



~ナイス・カップル de 賞?~

c0019055_1915716.jpg


 「妖艶な桜と、どっしりとした五重塔、ベリー・グッド!どちらが引き立て役というわけでもない、互いに相手を引き立て合っている、つまりは、相乗効果ってところでしょうね」

c0019055_18275658.jpg







c0019055_1830167.jpg

 お目当ての“五重塔と桜”を色々な角度から目にして、やっぱり来てよかったと、思ったのだった。


c0019055_19285456.jpg



 今年のお花見は、出だしが散々だった。開花宣言がされたとたんに、真冬の寒さに逆戻り、なかなか満開にならず、やっと満開になったと思ったら、今度は春の嵐に見舞われ・・・、と、うららかなお花見日和は、長続きしなかった。



c0019055_18542873.jpg 
 
 天候不順と、寒暖の差の激しさに、体調も狂い放し。今年のお花見は家の周辺で我慢しようと、店の前が桜並木のスーパーへ買い物に行き、帰りに公園の中を通って、写真も撮ってはきたのだが・・・、




c0019055_18574946.jpg


 毎年見慣れている風景だけに、桜はきれいなものの、イマイチ気分が盛り上がらなかった。






 それが、そろそろ桜も散り始める頃になって、少し元気が出てきて、お天気も、気温もまずまずだったので、池上本門寺へ出かけてみた。

c0019055_20131616.jpg




c0019055_2014220.jpg










 2月の末に、池上梅園へ行ったとき、梅園に近い池上本門寺が桜の名所であり、日本最古にして最大の五重塔があったことを思い出し、今年のお花見は池上本門寺で、と心に決めたのだった。五重塔と桜の取り合わせは、絵になる風景であろうと思われたので。


c0019055_19315450.jpg



 池上線を降りて、本門寺前に辿り着き、下から見上げると、両側から、石段を覆うように、枝を広げた桜の下を、大勢の人たちが昇り降りしている光景が目に入り、思わず、感嘆のため息が漏れたのだった。


c0019055_1947298.jpg

c0019055_19484540.jpg









 しばし、上を仰ぎ見たり、石段の下に咲く八重桜の写真を撮ったりした後、本門寺境内へと向かった。戦国の大名、加藤清正が寄進したという石段は、96段あるそうで、息が切れて、一気には昇るのは無理だから、踊り場に着く度に、両脇に咲き誇る桜を見上げたりしながら、“のんびり、ゆっくり行こうぜ”と、自分に言い聞かせたのだった。


c0019055_20164412.jpg 仁王門をくぐり、本堂前を右に曲がると、正面に五重塔が見え、期待に胸が高鳴った。慶長13年(1608年)に建立されたという五重塔は、国の重要文化財にも指定されているが、近づいてみると、五重塔のすぐ前に、車とバイクが陣取っていて、写真が撮り難く、「邪魔!」と、小さくつぶやいてみたけれど、一向に動く気配がない。
仕方がないので、カメラを斜めに傾けて写真を撮ったりして、一寸遊んでみたのだが・・・、残念だった。




 池上本門寺は、日蓮宗四大本山のひとつとのことで、日蓮大聖人説法の像があったり、力道山など、著名人が眠る墓地もあるそうだが、敷地内のあちこちに桜がいっぱい咲き誇っていて、大勢の人たちが、境内や墓地の中を散策したり、展望台からの眺めを楽しんだりしながら、静かにお花見をしていた。


c0019055_20251818.jpg
 

    

 帰りがけ、石段の上から見下ろした街の風景も、また、絶景かなであった。

c0019055_20335252.jpg






c0019055_20392021.jpg










 頬に感じる風も心地好く、のんびりと、駅へと続く、本門寺通り商店街を辿っていたら、池上の名物は葛餅で、途中には、有名なお店が何軒かあったことが思い出され、お土産に買い求めてきたのだった。




c0019055_20494692.jpg




*写真をクリック→左上に出た小窓を最大化すれば、写真を拡大してご覧いただけます。
[PR]
# by pooch_ai | 2010-04-10 20:51

春を先取り!



~うれしいバースデープレゼント~

c0019055_15203772.jpg

 3月25日は、私のバースデー。一度は死を覚悟した身なのに、あれから12回目の誕生日を迎えることになろうとは!「まさに奇跡」と、ドクターも。
 アンジェのマグノリアガーデンでは、誕生日を祝ってくれるかのように、花たちがほころび始めていた。




             ときめきの シーズン告げる マグノリア

c0019055_15384859.jpg

   花開き はずむ心や ルージュ買う

c0019055_15422747.jpg


  デパートや、ショッピングセンターの化粧品売り場には、春の新色をうたう口紅がずらり。女性たちの購買欲をそそっている。


               写メールで 魅惑の春を おすそ分け

c0019055_169561.jpg



  そよ風に ピアスも揺れる 花の庭

c0019055_16134351.jpg




















 風が吹いてくると、大きな房が、重たげに、右に左に揺れるフサアカシア。なぜか、不意に、シャラポア選手の耳に揺れるピアスを思い出した。


                   亡き母の 面影ダブル 白木蓮 

c0019055_16385121.jpg

 白木蓮は、生前、母が愛した花であった。
 晩年になってから、短歌を始めた母が詠んだ「やわらき 光の中に輝ける 白木蓮の 美しきかな」という歌が、私は、とても好きだ。

  白木蓮 頑固オヤジも 目を細め

c0019055_1653577.jpg
 


                  青春の 喜びうたう クロッカス


c0019055_1731083.jpg
















 目に染みるようなブルーと、純白のクロッカス。小さいながら、寒さに耐えて咲く力強さと、清潔感溢れる姿には、人を惹きつける大きな力がある。
 クロッカスの花言葉は「青春の喜び」とか。

c0019055_1744792.jpg



















               はにかんで 身をくねらせる 雪やなぎ

c0019055_1659784.jpg

 なよなよ、くねくね、と、互いにもたれかかるように、身をよじっている雪やなぎって、はにかみ屋さんなの?それとも、甘えん坊なの?


 かめっ太の 後を引き継ぐ 春近し

c0019055_1749461.jpg

















c0019055_18252312.jpg








 次回の朝ドラは、「ゲゲゲの女房」。昨年、BLOGでも紹介しているが、アンジェの隣町の調布は、ゲゲゲの鬼太郎に会える町。鬼太郎の生みの親である水木しげるが住んでいるところから、天神商店街に、鬼太郎や妖怪たちのモニュメントが設置されているのだが、放送が始まれば、訪れる人が増えるのではなかろうか?
[PR]
# by pooch_ai | 2010-03-19 17:27

字数合わせに四苦八苦



~ことばで遊ぶ、フォト五七五~


c0019055_19594012.jpg
















                 花匂う 涙の後の 真央スマイル


 オリンピック史上初のトリプルアクセルを3度も成功させ、銀メダルを手にしながらも、悔し涙にくれた真央ちゃんだったが、翌朝には、晴れやかな笑顔で「銀はソチへのステップ」と、きっぱり。

 いつも、おっとりとした口調で、穏やかな笑みを浮かべている彼女の、奥に秘められた、とてつもない強さ。真央ちゃんは凄い!
 先ずは、世界選手権で、悔いのない演技を披露して欲しいもの。日本中の皆が、貴女のことを応援しているのだから。




c0019055_2082717.jpg

                  紅梅や 風の色まで 艶めいて


 私は、若い頃から制服やカチッとしたスーツが、苦手な女の子だった。いみじくも弟から「ラブは変なものが似合うんだよな!」と言われたことがあったが、就職したテレビ局は、仕事は厳しいものの、服装も含めて、かなり自由な職場だったから、居心地はよかった。

 つまりは、束縛されたり、型にはめられるのがイヤだったのだと思うが、そのせいか、子供の頃から文章を書くのは好きで、詩も書いたりしていたのに、文字数に制約のある俳句や短歌には、創作意欲がわかず、現在に至るまで、一度も作ったことがなかったのである。


c0019055_2019502.jpg















 だから、デジカメを始めて、新聞に掲載されていた、森村誠一の「フォト俳句」や、TVの「カシャッと一句」といった番組の、デジカメで撮った写真と俳句や川柳との合作を見ても、自分もやってみようという気は起こらなかったのだった。

 梅園で 指折り数える フォト川柳 

c0019055_213524.jpg


 それが、先日、TVのバラエティ番組で、芸能人たちが、六義園や巣鴨の街へ、吟行に繰り出し、俳句を詠んでいるのを観ていたら、俄然、興味が湧いてきて、BLOGで、「フォト五七五」を始めてみよう、という気になったのだった。丁度、マンネリ化したBLOGの模様替えを、と考えていたところだったので。

c0019055_20244951.jpg


 とりあえずは、「俳句もどき」、「川柳もどき」でいいから、撮った写真を見て、感じたこと、連想したことなどを五七五にまとめてみることにしたのである。

 短歌の世界には、俵万智の「サラダ記念日」のような、新しいスタイルのものもあることだし、難しく考えずに、言葉遊びのつもりで、楽しむことに決めたのだった。


  梅香り 過ぎ去りし日々 懐かしむ

c0019055_2035257.jpg


 そこで、虎の門病院の帰り、池上梅園に立ち寄ってみた。大岡山に住んでいた頃は、洗足池公園の桜や池上梅園の梅を観に行ったものだが、引っ越してからは、一度も訪れたことがなかったので、とても懐かしかった。


 池上本門寺の近くにある池上梅園は、戦前までは、伊東深水の自宅兼アトリエだったそうだが、丘陵斜面を利用した庭園で、段々畑のように植えられた、約370本の梅が、幾重にも花を咲かせている光景は見事だった。


 老妻の 声若やいで 梅香る


c0019055_20395623.jpg


















               腰のばし 仰ぐ頭上の しだれ梅


c0019055_2113861.jpg



 65歳以上は、入園料が無料のせいもあり、圧倒的に高齢者が多かったが、中には、幼い子ども連れの若いママや、手をつないで歩く若いカップルの姿も見受けられた。 


 つなぐ手の ネイルアートや 梅香る

c0019055_21163464.jpg


















 園内には、茶室が二つあったが、片方の茶室が「聴雨庵」と名づけられているのも、風情があっていいな、と思った。ほのかに梅の香が漂う茶室で、軒をうつ雨音に耳を傾けつつ、独り静かに茶を点てている、そんな光景が、目に浮かぶようであった。

 鉄瓶の 湯がたぎる音 梅香る


c0019055_21301130.jpg











 
[PR]
# by pooch_ai | 2010-03-06 21:52


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧